■ 熊野古道 九十九王子

 み熊野トップ>熊野の観光名所>熊野古道九十九王子

カスタム検索

◆ 佐野王子跡(さのおうじあと)  和歌山県新宮市佐野  佐野村:紀伊続風土記(現代語訳)


 和歌山県新宮市佐野、国道42号線沿い、スーパーセンターオオクワ南紀店の傍らにある佐野王子。前を車がびゅんびゅん通りますので、趣きはありませんが、ここもかつての王子跡です。

佐野王子 佐野王子

 傍らには2つの案内板があります。
 古い方の案内板には下記のように書いてありました。

   和歌山県指定文化財
    史跡 佐野王子跡
     指定年月日 昭和三十四年一月八日

 佐野(さの)松原の西端、祓川(はらいがわ:王子川)の近くにある熊野九十九王子の一つ。
 承元四年(1210)の『修明門院御幸記』には、『次有佐野昼御御養事、次参二御王子一」とあり、佐野で昼食のあと、王子社に参拝している。文明五年(1473)の『九十九王子記』にも「佐野々王子」と見える。少なくとも、熊野詣が盛んであった鎌倉前期にはその存在が知られる。
 後には那智大社の末社となったようで、境内の森は周囲二四〇間(約432メートル)もあり、「若一王子の森」と呼ばれていたという。
 明治四十四年十月二十六日、佐野宇山田にある天御中主(あめのみなかぬし)神社に合祀され廃絶となっているが、海辺の王子社として貴重な史跡である。
   平成三年一月五日

和歌山県教育委員会
新宮市教育委員会

 新しい案内板の方には、

   佐野王子跡

 建仁元年(1201)十月、後鳥羽上皇に随行して、熊野参詣をした藤原定家(ていか)は、日記に「この道また王子数多(あまた)御座す」と記して、この付近の王子社名を載せていません。
承元四年(1210)五月、後鳥羽上皇の後宮・修明門院の参詣に随行した藤原頼資(よりすけ)は、阿須賀(あすか)・高蔵・佐野・一乃野の王子社を日記に記録しており、このころ新宮那智間に四王子社があったことがわかります。
紀伊続風土記』には、近世には那智山の境内末社となり、その後、社が廃絶して「若一(にゃくいち)王子森」といわれたと記していますが、その他の記録では、王子川の祓(はらい)所を佐野王子としています。
ここにあった社が、明治時代に若一王子神社となりましたが、神社合祀で天御中主神社(あめのみなかぬし)神社に合祀され、現在は石碑が建つのみです。
なお、熊野参詣の折は、佐野の浜で拾った小石を衣の袖に入れ、那智山の社壇に奉納する習慣があったと伝えられています。

 佐野王子跡の石碑の近くには尼将軍供養塔(あましょうぐんくようとう) やお地蔵さんなど、神武天皇聖績狭野顕彰碑があります。

尼将軍供養塔やお地蔵さんなど 神武天皇聖績狭野顕彰碑

 尼将軍供養塔とは、北条政子(源頼朝の妻)が我が子を供養するために建立したと伝わる供養塔です。
 北条政子は頼朝没後、出家。2人の子(頼家と実朝)を暗殺された後は京の摂関家から藤原頼経(当時2歳)を迎えて将軍とし、その後見として幕政の事実上の実権を握り、尼将軍と呼ばれました。

 『吾妻鏡』に見える北条政子の熊野参詣は、承元2年(1208年)と建保6年(1218年)の2度。元久元年(1204年)に頼家は暗殺され、建保7年(1219年)に実朝は暗殺されました。

(てつ)

2008.11.27 UP

 ◆ 参考文献

加藤隆久 編『熊野三山信仰事典』戎光祥出版
西口勇『くまの九十九王子をゆく 第二部 中辺路・大辺路・小辺路編―田辺・高野から那智・新宮へ―』燃焼社
紀伊続風土記 』臨川書店

アクセス
  JR紀伊佐野駅から徒歩約8分
 あるいは、JR新宮駅から熊野交通バス勝浦駅行き、王子橋バス停下車  新宮市へのアクセス
駐車場:佐野王子跡のための駐車場はありませんが、スーパーセンターオオクワ南紀店の駐車場があります(無料)
地図


大きな地図で見る

佐野王子を通る熊野古道レポート
中辺路:高野坂(浜王子 → 佐野王子)

宿泊
新宮の宿泊施設本宮の宿泊施設勝浦の宿泊施設

 

 

熊野古道

熊野古道の歩き方
中辺路(滝尻〜本宮)
大雲取越・小雲取越
プチ熊野古道歩き
中辺路(三軒茶屋〜本宮)
中辺路(伏拝〜本宮)
中辺路(発心門〜本宮)
赤木越(発心門〜湯の峰)
大日越(本宮〜湯の峰)
中辺路(高野坂)
中辺路(大門坂〜那智大社)
中辺路(那智駅〜那智大社)
熊野古道ルートマップ
熊野古道 熊野九十九王子

■新宮の観光スポット

熊野速玉大社
神倉神社
阿須賀神社
徐福公園
桑の木の滝
浮島の森

新宮の宿泊施設

楽天おすすめ商品


み熊野トップ>熊野の観光名所>熊野古道九十九王子