■ 旧てつ日記

 み熊野トップ>旧てつ日記

カスタム検索

◆ 2002年6月


★6/30(寒)

今日も雨のなか、下刈
午後から土砂降りだったよ。

昨日はトルコが勝ったね。
やったね。(*^o^*)
韓国もよくやったよ。

今日はこれから決勝を見るよ。

 


 

★6/29(寒)

今日は雨のなか、下刈をしたよ。

雨のなかで仕事なんてしたくないけれど、梅雨時、雨の日に休んでいたら、家計が苦しくなるよ。

仕方ないよ。がんばるよ。

晴耕雨読の生活ができたらいいけれどね。

雨の日は、家のなかでのんびり本を読んだり、じっくりHPのことをしたりしたいけれど・・・

無理ッす。

貧乏暇なしッ!

だよ。

辛いよ。

(T^T)ウッウッウッ

今日は、トルコ対韓国。

これから見るよ。

 


 

★6/24(涼)

今日の仕事は間伐だったけど、柴に顔面をはたかれて口の中を切ったよ。

バチーン!

と、やられたよ。

痛かったよ。

痛くてさ、2、3分座り込んだよ。

口の中で苦いの味が広がったよ。

・・・・・・・

・・・・・・・・・・

山仕事は危険がいっぱいだよ。

家に帰ってきて裸足になるまで気付かなかったけれど、左脚のくるぶしの下の辺りからが出ていたし。

知らない間に切っていたんだ。

擦り傷切り傷なんて毎日のことだしね。

 


 

★6/23(涼)

昨日一昨日と調子が悪かったけれど、もう元気になったよ。

昨日のトルコ対セネガル戦はおもしろかったよ。
トルコもセネガルもよかったよ。

熊野に住む者としてはトルコが勝ってよかったかな。
トルコは大の親日国として知られているけれど、そのきっかけとなったのが熊野での出来事だったらしいよ。

明治23年(1890)のこと。
9月16日夜、オスマン・トルコ帝国の特使を乗せて帰国途中にあったトルコ軍艦エルトゥールル号が熊野灘を航行中、串本町、大島の樫野崎(かしのざき)付近で岩礁に乗り上げ、沈没してしまったんだ。
乗員587人が命を奪われたんだけれど、大島の人達は献身的に救助活動に当たり、69人の乗員が救助されたんだ。進んで食料や衣服を与え、医師は不眠不休で負傷者の治療に当たったそうだよ。遺体の捜索も懸命に行い、260体を収容したんだって。
このことはトルコ本国に伝えられて、トルコ人が親日感情を抱くきっかけのひとつとなったらしいよ。
そうそう、日本国内では、犠牲者とその遺族のために義援金が集められたというし、それから、生存者は日本の軍艦で無事帰国することができたというし。
いい話だなあ。

串本町大島の樫野にはトルコ軍艦遭難慰霊碑やトルコ記念館が立てられ、いまでもトルコと串本町の友好関係は続いているよ。

 


 

★6/20(寒)

今日は雨のなか、下刈りをしたよ。

雨に降られて、風に吹かれて、寒かったよ。

家に帰って風呂に入ったけれど、風邪ひきそうだよ。

もう寝るヨ。

おやすみなさい。

 


 

★6/19(涼)

嗚呼・・・

終わってしまったね、日本のワールドカップ。

昨日は日記を書く気力も起きなかったよ。o( _ _ )o ショボーン

・・・・・

・・・・・・・

勝てない相手じゃなかったと思うけれど・・・

自国でサポーターの声援を受けて戦って、勝てないんだから、

世界のベスト8に入るにはまだ実力不足ということなんだろうねえ。

残念だったよ。

 


 

★6/14(暖)

やったね。ニッポン。
チュニジアに勝って、H組1位で決勝トーナメントに進出だっ!

ビデオに録画したものを見ているだけでグッとくるんだから、スタジアムで応援していたサポーターたちはものすごく感動しただろうなあ。

決勝トーナメントでの活躍、期待しちゃうよ。

 


 

★6/10(暑)

昨日の日本対ロシア戦、よかったね。
ゴールが決まったときには思わず、

よっしゃーあ!!

とか叫んでしまったよ。

いま、PM8:00だけど、もう眠いよ。(=o=)ファァァー...(=。=)アフ...
昨日の晩はサッカー見てたから遅かったしね。
今日はもう寝るよ。

おやすみなさい。

 


 

★6/8(暖)

昨日、ある人から誤字の指摘のメールを頂いたよ。

「熊野の説話」の神武東征、ヤタガラス、熊野牛王で、日本サッカー協会と書くところを日本サッカー教会と書いていたんだ。

がび〜ん。

いままで全然気がつかなかったよ。

メールくださった方、ありがとうございます。

さっそく直したよ。
サッカー教ってどんな宗教!? f(^-^; ポリポリ

みなさま、誤字脱字等お気付きの点がございましたら、ぜひメールか掲示板に書き込み、お願い致します。m(_ _)m

 


 

★6/5(暖)

僕らは仕事中は道なき道を歩くよ。
山で仕事しているんだから、当たり前のことだけどさ。
でも、道のないところを歩いたことのある人って、わりと少ないんじゃないかな。
都会で暮らしていたら、道のないところを歩く機会なんて滅多にないだろうし。

道のありがたさを知っているのは、道のないところを歩いたことのある人だけだ。

というようなことを何かの本で読んだことがあるけれど、道があるというのはありがたいことだよ。

 


 

★6/4(暑)

日本対ベルギー戦、勝ってほしかったねえ。

口惜しいよ。

勝ったと思ったけどなあ。

惜しかったよ。

でも、相手も必死だしねえ。

ワールドカップで勝つことって難しいことなんだねえ。

 


 

★6/2(暖)

今日は日曜日だったけれど、釣り人は昨日ほどはいなかったよ。
解禁日の昨日はすごい人出だったよ。

気温は昨日より高く感じたけれど、むせりがなかったので、過ごしやすかったよ。
首もだいぶよくなってきたよ。
毎日入る温泉がいいんだと思うよ。

晩には、イングランド対スウェーデン戦を見ながら「熊野八咫烏ビール」を飲んだよ。
ラベルにはもちろんヤタガラスの絵が描かれているよ。
日本は世界を相手にどこまで行けるかな。
がんばれ、日本!!

 


 

★6/1(暖)

今日は鮎釣りの解禁日だったよ。
熊野川やら大塔川やらには釣り人が一杯だったよ。
僕は釣りはやらないけれど、楽しいんだろうね。
朝早くからたくさんの人が釣りをしていたよ。

今日はむせったよ。
むしむしすること、蒸し暑いことを「むせる」と、こちらではいうよ。
気温はそれほど高いとは思わなかったけれど、湿度が高かったよ。
汗、びっしょりかいたよ。

首はまだちょっと変だよ。

amazonのおすすめ


み熊野トップ>旧てつ日記