■ 熊野の説話

 み熊野トップ>熊野の説話

◆ 商人の起源


 熊野山伏が商人の始祖であるという伝承。

 熊野権現がインドから熊野にやってきたとき、28人の眷属を引き連れてやってきた。
 28人の眷属は熊野で山伏となった。
 28人の山伏のうち4人が日本で初めて市を立て、日本で初めての商人となった。

 商人の起源説話について詳しくは熊野の説話の「商人の巻物『秤の本地』、商人の起源」をご覧ください。

(てつ)

2005.4.2 UP

 ◆ 参考文献

日本古典偽書叢刊 第三巻『兵法秘術一巻書・ホキ内伝金烏玉兎集・職人由来書』現代思潮新社(ホキは本当は漢字)
国立歴史民俗博物館編『中世商人の世界―市をめぐる伝説と実像』日本エディタースクール出版部

 

 

amazonのおすすめ


み熊野トップ>熊野の説話