■ 熊野の説話

 み熊野トップ>熊野の説話

カスタム検索

◆ 雨月物語「蛇性の淫」


 1 出逢い 2 太刀 3 再会 4 再婚


 江戸時代中期の国学者・上田秋成(うえだあきなり。1734〜1809)が書き上げた怪異小説の傑作『雨月物語』。
 『雨月物語』は、中国の小説や日本の怪談を題材にした九篇の幻想的な物語からなりますが、そのうちの一篇「蛇性の淫」は新宮近辺を物語の主な舞台としています。
 とても素晴らしい幻想的な物語ですので、現代語訳してご紹介します。

 1 出逢い 2 太刀 3 再会 4 再婚

(てつ)

2005.9.24 UP
2010.7.23 更新

 ◆ 参考文献

浅野三平校注『雨月物語 癇癖談』新潮日本古典集成22
青木正次訳注『雨月物語 下』講談社学術文庫

Loading...
Loading...
■蛇性の淫
1.出逢い
2.太刀
3.再会
4.再婚

amazonのおすすめ

 

 


み熊野トップ>熊野の説話