■ 全国熊野神社参詣記

 み熊野トップ>全国熊野神社参詣記>愛知県の熊野神社

 河合さんから投稿いただきました。ありがとうございます。
 河合さんのHP「まちもよう」はこちら


熊野神社

熊野神社拝殿

愛知県刈谷市八幡町七丁目54番地

 境内面積 2525.6平方メートル(746坪)

愛知県の中央に位置する刈谷市では、
例年5月3日に江戸時代から続くとされる「大名行列・山車祭」が行われています。
  この祭は、パンフレットによると、市原稲荷神社の祭礼として行われていたもので、
10万石の格式を持つ「秋田出来守」という架空の殿様や古式豊かな所作を披露する「奴のねり」、
於大の方(徳川家康の生母)役が市内中心部を練る歩くものです。

熊野神社鳥居
左下の玉垣の間に刈谷市の花「カキツバタ」が咲いています。

午前中、鎌倉街道の探索を行い、祭り見物のため刈谷市に移動し、
パレードの出発点から最終会場の市原稲荷神社に行く途中、立派な杜を発見し、地元の人に尋ねると
「熊野神社」と聞き、やや疲れた足取りであるが、事前の予定でもあり、
回り道をしながら、参拝することができました。

神社名の石碑と熊野神社由緒記

社前に赴くと、境内が小山のようになっており、杜が更に立派に見え、疲れも軽減されました。
なお、刈谷城は先ほど、触れた家康の生母、於大の方の生誕地で、岡崎に嫁ぎ、
家康誕生後、政争のため離縁され、戻った実家です。
また近世では、トヨタグループの発祥の地であり、豊田佐吉が始めた紡績会社が近接地にあり、
中核の豊田自動織機の本社も刈谷市内にあります。

熊野神社鳥居

境内に設置されている「熊野神社由緒記」によると

祭神 伊邪那岐尊(いざなぎのみこと),速玉乃男尊(はやたまのおみこ),事解乃男尊(ことかののおみこ)
由緒

創立は詳かでないが、当村(旧熊村)は、古来から産土神として祀っていた。
口伝によると、紀伊の人専志坊熊野二社大権現三尊佛を奉持し、一字を建立し、
その後、真宗に転宗の中、熊野堂に祀られ、明治維新時の神仏混淆の廃止に伴い
(藩主であった)土井候の斡旋により神仏分離され、今に至ったものである。
本社は元来、刈谷城の東北にあり、鬼門除けの神様として藩主に尊崇され、
本殿も寄進されたものという。

Thanks 河合さん

2007.5.26 UP
No.701

愛知県刈谷市八幡町

読み方:あいちけん かりやし はちまんちょう

郵便番号:〒448-0832

刈谷市HP

刈谷市 - Wikipedia
刈谷市(かりやし)は、愛知県のほぼ中央の西三河地区の西端に位置する市。境川を挟んで尾張の大府市と豊明市に対する。 徳川幕藩時代には土井氏二万三千石の城下町であったが、現在はトヨタグループ主要企業の本社が集まる日本有数の自動車工業都市であり、愛知県工業技術センターも設置されている。
2007.5.7 15:09 の版より)

楽天おすすめ


み熊野トップ>全国熊野神社参詣記>愛知県の熊野神社