■ 全国熊野神社参詣記

 み熊野トップ>全国熊野神社参詣記>福島県の熊野神社

 TATSUさんから投稿いただきました。ありがとうございます。


熊野神社

熊野神社拝殿

福島県南会津郡下郷町栄富字松山巳821

安張より県道346号線を東に進む。途中左から下郷会津本郷線が合流する。
これが昔、会津西街道と呼ばれた幹線道路で、大内宿を経て会津若松に通じている。
反対の会津下郷の方へ下ると倉谷で、昔は宿場として栄えた集落である。
熊野神社は街道より民家の間を北に進むと広場があり、「教育発祥の地」の石碑が立っている。
そばの建物は、今は公会堂となっている旧小学校の校舎らしい。

熊野神社入口

その先、二本の幟竿が神社への参道の入り口である。

熊野神社鳥居

熊野神社拝殿

その先に両部鳥居があり、そこから80数段のくさむした石段を登ると社殿がある。

熊野神社社殿

熊野神社拝殿内部
拝殿内部

拝殿には扁額が掲げられているがはっきり読み取れない。
たぶん右より「熊埜神社」であろう。

熊野神社本殿
本殿

御祭神 伊弉那美命
     速玉之男命
     事解之男命

由緒  不詳
寛文十二年(1672)編纂の「会津神社総録」に「熊野神社 倉谷に在る」と記述されている。
また、昭和30年編纂の「宗教法人調査票」には
「本殿内に存置せる勧請札によれば、寛保二年(1742)吉祥日、奉勧請熊野神社と在り、
古老の口碑によれば、相当昔より祭典執行し来るとの事で有る」と記述されている。
しかし寛保二年は「会津神社総録」編纂の寛文十二年(1672)よりも70年も後のことであるので、
勧請札ではなく、再勧請ではなかろうか。

明治五年四月、旧神号熊野大権現を熊野神社に変更

(祭神、由緒は「下郷町史」参照)

「新編会津風土記」の倉谷村の項には、
「熊野宮 境内東西十四間、南北三十八間、免除地 村の丑寅の方二町にあり、
鎮座の初詳ならす、鳥居、拝殿あり」と記述されている。

Thanks TATSUさん

2013.6.24 UP
No.1746

福島県南会津郡下郷町栄富

読み方:ふくしまけん みなみあいづぐん しもごうまち えいとみ

郵便番号:〒969-5326

下郷町HP

下郷町 - Wikipedia
下郷町(しもごうまち)は、福島県南会津郡にある町である。

楽天おすすめ


み熊野トップ>全国熊野神社参詣記>福島県の熊野神社