■ 全国熊野神社参詣記

 み熊野トップ>全国熊野神社参詣記>番外編

カスタム検索

 管理人てつ自らの投稿。
 「なんでも熊野投稿コーナー」はこんな投稿でもOKです。


いざなぎ流

高知県香美市物部町
(旧香美郡物部村)

高知県香美郡物部村(ものべそん)に伝わる「いざなぎ流」。
「いざなぎ流」は、熊野修験と陰陽道とが混淆して成立した民間信仰。

この地域一体は中世の初頭から熊野の荘園であったため、熊野信仰が深く浸透しました。

その祭儀では、祭りの最初に湯立てが行われるそうですが、
その湯釜には熊野の神が勧請され、
沸いた湯は熊野の新宮本宮の聖なる湯とみなされて、
斎場や氏子を清めるのに用いられるそうです。

 

(いざなぎ流御祈祷)

熊野の新宮本宮の湯釜の上に祈り入り影合なされて、当年よしと又来るよとしへとりて

このや御湯の伏せ鎮めの前立て後立てには熊野の権現様を行ない請じ参らする

※ ※ ※ ※ ※

参考文献:『お神楽―日本列島の闇夜を揺るがす』別冊太陽No.115 Autumn 2001

てつ

2004.3.13 UP
2010.1.24 更新
番外編 No.9

高知県香美市物部町

読み方:こうちけん かみし ものべちょう

郵便番号:〒781-44○○

香美市HP

香美市 - Wikipedia
香美市(かみし)は、高知県の市。2006年(平成18年)3月1日、 香美郡の香北町(かほくちょう)、土佐山田町(とさやまだちょう)、物部村(ものべそん)が対等合併して誕生した。

2007.4.14 13:41 の版より)

楽天おすすめ


み熊野トップ>全国熊野神社参詣記>番外編