■ 全国熊野神社参詣記

 み熊野トップ>全国熊野神社参詣記>新潟県の熊野神社

カスタム検索

 山濱さんから投稿いただきました。ありがとうございます。
 平成24年11月1日、そまの投稿を追記。


〜 山濱さん 〜

熊野神社

御祭神:櫛御気野命 鎮座地:新潟県佐渡市畑野甲205

(旧佐渡郡畑野町大字畑野字甲205

神社の向き:南から30度西


拝殿

本殿

 港で買った地図には畑野町に熊野社と書いてあったのでそれを目指して行くと、そこは田んぼの中でなにもありません。実はその位置は台風で社殿が倒壊するまでの旧社地の位置(畑野町下畑)だったようです。神社跡の石碑があるようですが見つけられませんでした。

『日本の神々 第8巻 北陸編』(白水社)によると、「この熊野神社は「紀州系で物部氏の社より発達なるべし」とあります。創立は霊亀二年(716年)2月だそうです。境内には昭和31年8月の遷宮の記念碑や、屋根が危なそうな土俵や畑野町天然記念物の「何代の梅」や生ける化石「メタセコイヤ」の大木が見られます。

御祭神が「櫛御気野命」様ということで、出羽三山の月山神社の御室、湯殿山神社の末社の中にある熊野神社と同じ御祭神です。なにやら日本海沿いの深いつながりを感ぜずにはいられません。櫛御気野命様?でも紀州系?うーんと悩んでしまいました。


メタセコイヤ


何代の梅


遷宮記念の碑

Thanks 山濱さん

2001.8.5 UP
No.90


〜 そま 〜

 私が伺ったのは平成24年10月8日でした。ご近所の方に道をお尋ねしたら、今日も散歩に行ったんだけどもうすぐお祭りだから準備に人が集まっていましたよ、と仰っていました。1週間後の10月15日がお祭りだったようです。

ぐるぐる迷ってしまったのでもう1人ご高齢の方に道をお尋ねしたら、語尾が「だっちゃ」になっていて、佐渡らしい方言を聞けて嬉しく思いました。
ようやく神社に辿り着くと、拝殿には以下のように書かれた額がありました。

熊野神社
由緒 霊亀二年(七一六)二月創立の社伝あり
祭神 櫛御気野命
「くし」は「奇し」で霊妙不思議を表し「みけ」は「御食」で食物神、霊験あらたかな五穀豊穣の農耕神という

合祀 白山神社 旧字名 安国寺村 祭神 菊理姫命
合祀 諏訪神社(境内社) 祭神 建御名方命
合祀 天神社(境内社)

畑野 熊野神社は順徳天皇が深く崇められた社でその御製が伝えられている

雲の上の月日隔てて 三熊野も くまなき影は かはらざりけり

図説佐渡島歴史散歩」(河出書房新社刊 財団法人佐渡博物館監修)51ページには「波多熊野権現 徳治3年創建の神社といい、昭和31年に現地に遷された。中世から宮座により祭りが運営され、流鏑馬なども行われていた。」とあり、熊野神社遺蹟(旧社地の石碑。波多は旧畑野町下畑のようです)や祭の流鏑馬に使用された天文年間の鞍橋(クラボネ)の写真が掲載されています。
佐渡市の文化財・鞍一背 (くらひとせ)

創建の年代が熊野神社拝殿の額の文と「佐渡島歴史散歩」で異なる記述をしていますが、元々は出雲系熊野神社の神・櫛御気野命が霊亀年間に勧請され、そこに徳治年間に熊野権現が紀州から勧請され、習合したとみるべきでしょうか。

畑野祭り(畑野熊野神社例大祭)の動画(Youtube)
https://www.youtube.com/watch?v=LKyQRdPT-us

道を案内して下さった佐渡の皆様、有難うございました。

そま記

2012.11.1 UP
No.90


新潟県佐渡市畑野甲205

読み方:にいがたけん さどし はたの こう

郵便番号:〒952-0206

佐渡市HP

佐渡市 - Wikipedia
佐渡市(さどし)は、新潟県の北西、日本海に浮かぶ佐渡島全域を市域とする市。
2004年3月1日、佐渡島内の全市町村(両津市、相川町、佐和田町、金井町、新穂村、畑野町、真野町、小木町、羽茂町、赤泊村)が合併して発足した。人口は約6万人で市役所は旧金井町にある。市章は佐渡島の形と佐渡市の頭文字「S」を図案化したもの。
かつて流刑地であったことから、独自の文化が発達している。

スポンサード リンク

楽天おすすめ

み熊野トップ>全国熊野神社参詣記>新潟県の熊野神社