■ 全国熊野神社参詣記

 み熊野トップ>全国熊野神社参詣記>東京都の熊野神社

カスタム検索
 かりんさんから投稿いただきました。ありがとうございます。

〜 「Karin's holiay trip」より 〜

熊野神社

東京都港区麻布台2-2-14

坂道に面して建てられてた麻布の熊野神社は古いものだった。
春の交通安全運動なのかパトカーや取締りの車がおおかったなぁ・・
そんなかある団体のスピーカーから聞こえてくる音楽。
喧騒の中静かな空間で・・・・なんてできそうにないくらいの狭さでした。
隣のドトールコーヒーもOPENの準備を始めてたし、
さぁ!人が多くならないうちに次の熊野神社へ移動しよう。

創建養老年間(717〜724)あるいは応永年間(1394〜1428)
文明年間(1469〜1487)に太田道灌によって再建。
江戸時代は寛永寺支配下の許にあった。
(河出文庫:加門七海『大江戸魔法陣』より)

Thanks かりんさん

No.05

〜 TATSUさん 〜

熊野神社鳥居

東京都港区麻布台2-2-14

初詣に麻布熊野神社に行ってきました。
乃木坂駅下車、建設中の東京ミッドタウンを眺めながら、麻布十番方面に下ってゆく。
警察の車両が増えてどうしたのかと思っているうちに、ロシア大使館。
桜田通りを右折するとすぐ熊野神社である。

「江戸名所図絵」に描かれた「麻布飯倉熊野権現社」から想像するよりずっと小さな境内である。
賽銭箱、提灯には熊野三山の象徴である八咫烏が描かれていました。
お正月だけに参詣者が絶えません。

由緒:由緒は不詳である。

熊野神社拝殿

熊野神社神額

熊野神社提灯

Thanks TATSUさん

2007.3.3 UP
No.05

 

東京都港区麻布台

読み方:とうきょうと みなとく あざぶだい

郵便番号:〒106-0041

港区 - Wikipedia
東京都の特別区のひとつ。 東京23区の中央からやや南寄りに位置している。
港区は、企業本社を日本で最も多く構える区であり、いわば日本のビジネスの中心である。特に、虎ノ門・新橋・芝をはじめとしたビジネス街では、経済活動が非常に活発である。そのほか港区内には、六本木・青山などの商業エリアや、麻布・白金台などの高級住宅街、汐留・台場などの大規模開発地区がある。
現在の港区は、江戸期以降、江戸城外縁(一部は武家屋敷)、主として町人の街、花街(色街)として発展。町人(職人・商人)の街としては白金、花街としては赤坂・芝などが有名。また、明治以降、外国人居留地域としても発展し、現在も駐日大使館や外資系企業が多く立地、外国人居住者も人口の約1割を占める。現在のハイカラなイメージからは想像もつかないが、本来はいわゆる下町の一角であり、一皮向けば江戸期以来の伝統的な祭りなどが豊富に現存する江戸情緒溢れる地域である

2007.2.11 17:09 の版より)

楽天おすすめ


み熊野トップ>全国熊野神社参詣記>東京都の熊野神社