■ 全国熊野神社参詣記

 み熊野トップ>全国熊野神社参詣記>東京都の熊野神社

 TATSUさんから投稿いただきました。ありがとうございます。


堤方神社

堤方神社鳥居

東京都大田区池上1-15-2

東急池上線池上駅より徒歩10分ほど。
呑川を渡り、急な妙見坂を上り詰めると妙見堂があり、その裏に芳心院墓所がある。
そこには万寿院万両塚と呼ばれ、
芳心院(徳川家康と側室お万の方の孫で、鳥取池田家初代藩主の正室)が葬られている。

妙見坂
妙見坂

万寿院万両塚
万寿院万両塚

熊野神社跡地(推定)
熊野神社跡地(推定)

その隣あたりに、以前熊野神社が鎮座していたらしいが、
現在は住宅が建てられており神社の跡形もない。
少し下ると、大森四中の隣に堤方神社が鎮座している。
幣殿・拝殿は天保11年(1840)の建設であり、
江戸末期の神社特有の装飾で飾られている。
近くにめぐみ教会の尖塔が見え、そこからめぐみ坂を下れば呑川に戻る。

堤方神社拝殿
堤方神社拝殿

御祭神 不詳 

由緒  
新編武蔵風土記稿」堤方村の項には
「熊野社 除地六畝二十歩、村の北方本門寺境内に続きてあり、
此地の鎮守なり、社九尺四面南向、前に鳥居を建つ、柱間一間、
毎年正月二十八日をもて祭禮をなせり、村民の持 後略」
と記述されている。

堤方神社は、もとは若宮八幡社と呼ばれていたが、
明治42年、村内の三所神社(熊野神社)、十二神社と稲荷神社、
更に境内にあった稲荷神社を合祀して、
明治43年(1910)に堤方神社と改称した。

「若宮八幡社 年貢地、村の南にあり、本社 九尺四方、
拝殿 二間に三間、巽に向ふ、前に木の鳥居をたつ、
両柱の間七尺、増上寺領内の鎮守にて村内妙雲寺の持」

熊野神社の跡地に関しては、「大田区 旧村地名の由来」を参照しました。

Thanks TATSUさん

2010.1.27 UP
No.1195

東京都大田区池上

読み方:とうきょうと おおたく いけがみ

郵便番号:〒146-0082

大田区 - Wikipedia
大田区(おおたく)は東京都の南東部に位置する特別区のひとつ。 東京都に23ある特別区の内では最南端にあり、多摩川を挟んで神奈川県と接する。
2008.5.11 11:24 の版より)

スポンサード リンク

楽天おすすめ


み熊野トップ>全国熊野神社参詣記>東京都の熊野神社