み熊野トップ>全国熊野神社参詣記>番外編

 管理人てつ自らの投稿。
 「なんでも熊野投稿コーナー」はこんな投稿でもOKです。


雑賀孫市の定紋

戦国時代、紀州雑賀に、日本最強を誇った傭兵集団、雑賀衆がありました。
雑賀衆は、「雑賀を制する者全国を制す」といわれるほどに高い戦闘能力を誇った鉄砲集団でした。

織田信長最大の敵として食い下がった雑賀衆。
その頭目、雑賀孫市(孫一とも)の定紋は、3本足のカラス八咫烏(ヤタガラス)

八咫烏熊野神使
なぜ雑賀孫市が八咫烏を定紋としたのか、はっきりしたことはわからないのですが、
熊野信仰から来たものだと考えられています。

雑賀孫一の墓は、三重県熊野市有馬町にあります。

てつ

2002.2.28 UP
2006.2.20 更新
番外編 No.3


み熊野トップ>全国熊野神社参詣記>番外編