■ 全国熊野神社参詣記

 み熊野トップ>全国熊野神社参詣記>和歌山県の熊野神社

 てつ自らからの投稿。


闘けい神社

熊野社鳥居

和歌山県田辺市湊665番地

 闘けい神社の「けい」の字は

社伝によると允恭天皇8年(423年)創建とありますが、
紀伊続風土記』には、熊野別当18代 湛快(たんかい)のときに
熊野三所権現を勧請したと記されているそうです。

古くは田辺の宮、新熊野権現田辺の宮(いまくまのごんげん たなべのみや)などと
呼ばれていた闘鶏神社でしたが、
源平の合戦のときの闘鶏の故事により新熊野鶏合権現(いまくまのとりあわせごんげん)、
新熊野闘鶏権現社(いまくまのとうけいごんげんしゃ)などと
称されるようになりました。
明治の神仏分離令により闘けい神社と改称。

詳しくは闘鶏神社:熊野の観光名所で。

2009.9.7 UP
No.1060

 

和歌山県田辺市湊

読み方:わかやまけん たなべし みなと

郵便番号:〒646-0031

田辺市 - Wikipedia
田辺市(たなべし)は、近畿地方の南部、和歌山県の中南部に位置する市である。 和歌山県中南部の中心地である。熊野古道の中辺路ルート、大辺路ルートの分岐点で、「口熊野」と称される。 現在の田辺市(新制)は、2005年5月1日に、田辺市(旧制)、龍神村、中辺路町、大塔村、本宮町の新設合併によって発足し、近畿で最大面積を誇る市である。

楽天おすすめ


み熊野トップ>全国熊野神社参詣記>和歌山県の熊野神社