■ 全国熊野神社参詣記

 み熊野トップ>全国熊野神社参詣記>番外編

カスタム検索

 アンディーさんから投稿いただきました。ありがとうございます。


三熊山

 

兵庫県洲本市

淡路島の洲本市にある中世山城の洲本城(国指定史跡)がある三熊山。
若王子神社他、熊野の神様の社祠や元伊弉諾神宮摂社で有った厳島神社の元鎮座地。
磐座などが多数有ります。
熊の付いた三つの山の総称。
御熊の山ではと愚考致します
熊=隈=隅(隅っこの意味)結界の極、境界の意味のロジックかと存じます。

地理的には淡路島の霊山である先山
(国生み神話ではオノコロ島に出来た日本初発の不二の山=最初の富士山の意味/
また、元伊勢、伊 勢神宮別宮、滝原宮とは同一緯度) から見て冬至の日の出場所。
延長すると、熊野那智大社からの冬至の日の出。
また、住吉大社の冬至の入日の場所。

ご参考までに・・・

Thanks アンディーさん

2010.6.25 UP
番外編No.27

 

兵庫県洲本市

読み方:ひょうごけん すもとし

郵便番号:〒656-?

洲本市HP

洲本市 - Wikipedia
加洲本市(すもとし)は、淡路島の中部西から南東に貫き、淡路市、南あわじ市と接する市。
2006年2月11日に洲本市(人口38,926人)と津名郡五色町(人口11,100人)との新設合併により“新”洲本市(人口50,026人、18,684世帯)が誕生した。この結果、淡路島から「郡」が消滅。

楽天おすすめ


み熊野トップ>全国熊野神社参詣記>番外編