■ 全国熊野神社参詣記

 み熊野トップ>全国熊野神社参詣記>神奈川県の熊野神社

 TATSUさんから投稿いただきました。ありがとうございます。


白鳥神社

熊野社拝殿

神奈川県川崎市麻生区白鳥2-10-1

小田急線多摩線栗平駅より徒歩10分ほど。
下車後駅の前の道路を東に向かって進む。
住宅街の一角の林の中に参道が伸び、その先に社殿が鎮座。
参道には幟が密集していた。
境内には社務所があり、拝殿裏には石祠が散在。
隣は白鳥公園である。

熊野社鳥居

熊野社参道

熊野社石段
       
御祭神 日本武尊(白鳥明神社の祭神)
        伊弉諾尊・伊弉冉尊(熊野神社の祭神)
              天照大神・木花開耶媛命・猿田彦命・宇気母智命・ 
          宇賀魂命・大山咋命・建御名方命・菅原道真

熊野社拝殿

由緒  不詳
当神社は創立年代は不詳。
片平村と五ヵ田村の鎮守であった。
    
明治四十四年一月三十一日片平村内の
熊野社、山王社、天神社等六社を合併合祀。
四十五年五ヵ田村の六所明神、諏訪社を合併合祀した。

(祭神、由緒共に「神奈川県神社誌」参照)

新編武蔵風土記稿」の片平村の項には

白鳥明神社 除地、一段三畝、村の北の方丘上に
あり、社は三間に四間南向なり、社前に鳥居を立、
例祭は九月二十六日 善正寺の持なり、慶長年中の
棟札を納、神體は愛染の像を鐵にて鑄し物なり
大神宮 中略
熊野社 除地、八畝許、村の巽の方によれり西向に
て萬福寺村醫王寺の持
天神社 中略

と記述されている。

 

現在白鳥神社に合祀されている熊野神社は
新編武蔵風土記稿」の片平村の項には
「熊野社 除地、八畝許、村の巽の方によれり西向にて
萬福寺村醫王寺の持」と記述されています。

巽とは東南の方角であり、片平村は能ヶ谷村と村境を接しており、
現在の麻生区片平三丁目付近と思われます。

小田急線柿生駅の西側、片平川の南側に鎮座していたようです。

また片平川に架けられた橋も「熊野橋」と呼ばれているそうです。
片平川の南側は丘陵になっており、住宅が立ち並んでおり
熊野神社の面影を偲ぶことはできません。

熊野堰跡石碑
熊野堰跡石碑

熊野堰跡石碑
熊野堰跡石碑

熊野橋
熊野橋

また「萬福寺村醫王寺」も現存していません。
詳細は、日照院さん報告の「麻生区万福寺の万福寺十二神社」。
この川崎市麻生区周辺は、昔紀州より鈴木一族が移り住んだといわれ、
熊野神社も点在しています。

麻生区上麻生7-38-4 の熊野社(月読神社境内社)
麻生区高石1-31-1 の高石神社
麻生区万福寺 の万福寺十二神社

また、東京都ですが、かりんさん報告の
東京都町田市鶴川の熊野神社も場所は不明ですが、
能ヶ谷町であれば片平三丁目と隣接しています。

Thanks TATSUさん

2010.12.14 UP
No.1381

 

神奈川県川崎市麻生区白鳥

読み方:かながわけん かわさきし あさおく しらとり

郵便番号:〒215-0024

川崎市HP

川崎市 - Wikipedia
川崎市(かわさきし)は、神奈川県の北東端に位置する政令指定都市である。東京特別区(東京23区)全体及び政令指定都市17市の中で面積は最も小さい(最も大きいのは浜松市)が、人口は全国第9位である。

楽天おすすめ


み熊野トップ>全国熊野神社参詣記>神奈川県の熊野神社