み熊野ねっと 熊野の深みへ

鼻白の滝(はなじろのたき) 

和歌山県新宮市熊野川町能城山本 田長村:紀伊続風土記(現代語訳)

落差83mの段瀑

鼻白の滝

 熊野川町の田長(たなご)谷にある2段の大滝。

 国道168号線鼻白の滝バス停脇に(お食事処「はなじろ茶屋」があるので、それを目印に)田長谷林道の入り口があり、林道を車で2分ほど行くと、橋があり、それを渡ったところで車を止めます。

 橋のあたりからも右手に滝を一部見ることができますが、全体を見るには遊歩道を少し歩かなければなりません。
 遊歩道を5分ほど歩くと、「鼻白の滝」の一ノ滝の滝つぼまで行けます。
 滝下は崩落した巨岩がゴロゴロしています。

 水量が豊かで、周囲も天然林に覆われています。いい滝です。
 落差83m。一ノ滝が45m、一ノ滝の上にある二ノ滝が38m。

 「鼻白の滝」という名は、昔この滝に鼻の白いウナギが住んでいたことに由来するそうです。

 林道に戻り、もう少し先まで林道を車で進んでいくと(1分ほど)、林道脇にベンチが置かれた場所があります。
 そこからは対岸に滝の全容を見ることができます。遠くから眺めても、そのスケールの大きさが伝わってきます。

 林道は道幅が狭いので、対向車には十分気を付けて走行してください。

鼻白の滝

鼻白の滝

(てつ)

2002.11.22 UP
2019.12.12 更新

参考文献

鼻白の滝へ

アクセス:JR新宮駅から本宮方面行きバス、鼻白の滝バス停下車、徒歩20分
駐車場:遊歩道入口近くに駐車スペースあり

熊野川町の観光スポット