み熊野ねっと 熊野の深みへ

blog blog twitter facebook instagam YouTube

熊野謎解きめぐり 大地がつくりだした聖地
出版予定日は11月10日。amazonにて予約受付中!

十二社(十二所社):愛知県稲沢市高御堂1丁目18-11

河合さんからご投稿いただきました。ありがとうございます。河合さんのHP「まちもよう」はこちら

旧高御堂村の村社

十二社拝殿

神社は、稲沢市の旧来からの中心地である国府宮駅近くにあります。
このため境内は広くはないですが、町なかの公園のようにコンパクトに整備されていました。

十二社社標

鳥居横の十二社の石柱。左の平和の塔は戦没者慰霊碑です。

十二社鳥居

常夜灯から拝殿・本殿を望む。

十二社本殿

本殿です。後ろに一段と高い場所にお社が安置されています。
周囲は、アパートなどで囲まれています。

御祭神

櫛御気野命(くしみけぬのみこと)

神社の由緒

郷土のお宮(愛知県神社庁中島支部発行)から引用。

創建年月は詳らかでないが、「尾張志」に十二社権現ノ社(他5社)ともに高御堂村にあると書かれている。

(河合さん)

No.928

2009.4.6 UP
2021.6.29 更新

参考文献



愛知県稲沢市高御堂

読み方:あいちけん いなざわし たかみどう

郵便番号:〒492-8213

稲沢市HP

稲沢市 - Wikipedia
稲沢市(いなざわし)は、愛知県の北西部に位置する市。
濃尾平野中央部にある。古代には尾張国の国府が置かれて政治の中心であった。旧中島郡の一部である。