み熊野ねっと 熊野の深みへ

blog blog twitter facebook instagam YouTube

熊野謎解きめぐり 大地がつくりだした聖地
出版予定日は11月10日。amazonにて予約受付中!

熊野神社:愛知県犬山市大字塔野地字東屋敷31

河合さんからご投稿いただきました。ありがとうございます。河合さんのHP「まちもよう」はこちら

江戸時代には臨済宗祥雲寺に祭られていた熊野神社

熊野神社社標

犬山市大字塔野地字東屋敷31番

ここの熊野神社は、犬山駅と日本ライン(木曽川船下り)の乗船場である今渡駅(岐阜県可児市)方面とを結ぶ名鉄広美線の犬山駅から一番近い冨岡駅から東方約1キロの位置にあります。
しかし従来の犬山駅は、西出口しかなく、近くて遠い存在でしたが、最近、駅が改築され、東側への出口が新設され、駅東周囲も都市開発され、新しい建物ばかりでした。
この都市化の流れで、神社前の道路も拡幅済みで、参拝のための移動もスムーズでした。

御祭神

伊弉冉尊、素盞嗚尊

御由緒

勧請年月日は不詳であるが、市史によると慶長10年(1605)の棟札があり、片桐市正(いちのかみ)且元<秀吉の嫡男秀頼の傅役>の妻が尾張出身であり、その縁で荒廃して神主社僧もいなくなっていた熊野神社を再建したと書かれてある。

熊野神社参道

鳥居から拝殿・本殿に向かう参道です。約50M以上ありました。

熊野神社本殿

蕃塀と拝殿です。

熊野神社本殿

本殿です。

熊野神社社標

拝殿内の内部。南北の鴨居には、日本画、東西には狂詩が板に描かれていました。
残念なことに絵が薄れて、説明できません。

(河合さん)

No.954

2009.5.20 UP
2021.6.29 更新

参考文献



愛知県犬山市塔野地東屋敷

読み方:あいちけん いぬやまし とうのじ ひがしやしき

郵便番号:〒484-0094

犬山市HP

犬山市 - Wikipedia
犬山市(いぬやまし)は、愛知県の北端に位置する市。
江戸時代には犬山城の城下町として栄えた。
名古屋市の衛星都市であり、国際会議観光都市に認定されている。