み熊野ねっと 熊野の深みへ

blog blog twitter facebook instagam YouTube

熊野謎解きめぐり 大地がつくりだした聖地
amazonにて販売中!

↑熊野の聖地や人々の暮らしを大地の成り立ちから解き明かす。オススメの熊野本です↑

熊野社:愛知県刈谷市築地町北割8

河合さんからご投稿いただきました。ありがとうございます。河合さんのHP「まちもよう」はこちら

平安時代前期に熊野の住民・三善清行が勧請

熊野神社拝殿

刈谷市築地町3丁目24-1?

祭神

邪那岐命 伊邪那美命 家都御子命 速玉之男命 事解之男命

由緒

社伝に宇多天皇の寛平年間(889~98)、熊野の住民三善清行(みよしきよゆき)が、熊野三神を奉じ佐久嶋を経て、この地に至り御舟塚より上陸し糟目天神と合祀し、熊野三社と称して清行の子孫代々奉仕した。(愛知県神社名鑑より) 
当時、この地に孫彦主人王が邪那岐命、伊邪那美命の二神を祀り、糟目天神とし、当地を糟目の郷と称していた。その後、築地と改名する。
(境内建立の由緒から引用)

境内の由緒記などによると、千年前に熊野三社の分霊が舟でもたらされたとあり、近くの逢妻川の存在に気づく。
ここから約4キロ上流には、中世東海道(鎌倉街道)の遺構があり、在原業平が伊勢物語で八橋(川が蜘蛛の巣状に分かれ橋を八わたせる)地名の由来にふれており、下流の当地は、熊野三社が海経由で伝承されたとの伝説にも、 かなり理解できる歴史でした。

後でネットで調べたところ、神社周辺は「歴史の小径」として散策コースが設定されており、パンフによると神社前は応神天皇の4世孫彦主人王(ひこうしおう、継体天皇の父)が松に舟をつないで上陸した場所であり、後に熊野の住民 三善清行も初めて上陸した場所であり、名所「舟塚」と呼称され「熊野社御神体上陸之地」と記された石柱が建立されていると解説されており、紹介できないのが残念です。

熊野神社鳥居

市道から鳥居を望む。境内は土盛されており、拝殿・本殿は見えません。

熊野神社社標

鳥居の右側にある社標です。
土盛りされた境内の縁にあるため、鳥居と並んだ写真は撮れませんでした。

熊野神社由緒

鳥居の西側に設置されている神社由緒です。

(河合さん)

No.1084

2009.9.30 UP
2021.6.29 更新

参考文献



愛知県刈谷市築地町

読み方:あいちけん かりやし ついじちょう

郵便番号:〒448-0011

刈谷市HP

刈谷市 - Wikipedia
刈谷市(かりやし)は、愛知県の西三河地方西端に位置する市。
境川を挟んで尾張地方と接している。