み熊野ねっと 熊野の深みへ

十二所神社:愛知県新城市作手高里字西ノ内21番

河合さんから投稿いただきました。ありがとうございます。河合さんのHP「まちもよう」はこちら

天平3年(731)創建と伝わる古社

十二所神社鳥居

(旧南設楽郡作手村大字高里字西ノ内21番)

御祭神  天之御中主神 邪那岐命 伊邪那美命他

社伝に長者村の米福長者が天平未年(731)8月、創建したという古い社である。
天正3年(1575)5月、甲州武田の軍勢の兵火により社殿焼失する。
奥平小八郎が天正12年 社殿を再建する。(愛知県神社名鑑)
なお、奥平は作手の領主で、織田・徳川連合軍と武田軍が戦った長篠の戦いで、長篠城に籠城した城主です。

十二所神社拝殿

旧作手村は、山間部で東三河の入口に当たる村です。前の豊田市東部からでも約1時間を要します。
移動の間、曲がりくねった山道ですが、出会う車も少なく、遅いアジサイも見ごろで、木も多く森林浴を楽しむことができました。

神社は、分かりやすい旧役場の北側にありました。
社標を撮影し、拝殿前に赴くと、狛犬がスマートで不思議な感じを受けました。
初めて見た狛犬タイプのためインターネットで検索すると、狼神話のタイトルで各地の事例の一つとして紹介されていました。
そういえば、字からして「狛犬」だから、狼であってもおかしくないわけですね。

十二所神社狛犬

拝殿前の狛犬です。手や足が傷んでいますが、獅子でなく犬に見えます。

十二所神社ご神木

御神木の杉です。
樹高30m、幹回り5.15m、樹齢300年以上。

(河合さん)

No.1042

2009.8.19 UP
2020.8.12 更新

参考文献



愛知県新城市作手高里

読み方:あいちけん しんしろし つくでたかさと

郵便番号:〒441-1423

新城市HP

新城市 - Wikipedia
新城市(しんしろし)は、愛知県東部、東三河に位置する市。