み熊野ねっと 熊野の深みへ

blog blog twitter facebook instagam YouTube

熊野謎解きめぐり 大地がつくりだした聖地
amazonにて販売中!

↑熊野の聖地や人々の暮らしを大地の成り立ちから解き明かす。オススメの熊野本です↑

熊野社:愛知県豊田市大沼町浜松28

河合さんからご投稿いただきました。ありがとうございます。河合さんのHP「まちもよう」はこちら

戦国時代、大沼初代城主・木村安信の勧請と伝わる熊野神社

熊野社拝殿

(旧東加茂郡下山村大字東大沼字浜松28)

当社は、旧下山村役場から東約2キロに位置し山に囲まれています。
幹線道路に面していますが、周囲には森林組合の施設しか、ありません。
一部の地図しか神社の表示がなく、森林組合が目印でした。
長い階段を登りきると、広い境内に拡張高い拝殿・本殿が整然と建てられていました。

熊野社参道入口

参道入口です。両横の建物は、森林組合の施設です。

熊野社鳥居

社標と鳥居です。

熊野社拝殿

本殿です。

熊野社拝殿

境内から見た鳥居です。長ーい階段でした。

御祭神

伊邪那美命 速玉男之命 事解男之命

由緒

社伝に天文6年(1537)大沼初代城主木村入道安信は信仰心あつく、洞樹院地内に守護神を祀り、社殿を建立する。
熊野社は今の社地の東の朝拝に祀られ、僧侶が朝夕奉仕したが、その後村人が現在の地に社殿を建てて遷座した。
この社殿は極彩色の八幡造りで武田番匠飛弾権守藤原光延の名作であったが、明治40年、焼失する。
驚愕した村人が翌年2月、紀州熊野に向い、新宮始め那智の夫須美神社に詣で、更に難険を越え、本宮に参り、十日間難行を続け、熊野三社に分霊を請け、帰村、洞樹院に安置し、翌年、社殿を建立した。

(河合さん)

No.1027

2009.8.5 UP
2021.6.2 更新

参考文献



愛知県豊田市大沼町浜松

読み方:あいちけん とよたし おおぬまちょう はままつ

郵便番号:〒444-3242

豊田市HP

豊田市 - Wikipedia
豊田市(とよたし)は、愛知県西部(西三河地方)に位置する市で、中核市である。トヨタ自動車が本社を置く企業城下町として知られている。
濁音で「とよだ」と誤読される事があるが、正しくは清音で「とよた」である。ただし、市名の由来であるトヨタグループの創始者である豊田佐吉や一族の姓は「とよだ」と濁音である。