み熊野ねっと 熊野の深みへ

blog blog twitter facebook instagam YouTube

熊野謎解きめぐり 大地がつくりだした聖地
amazonにて販売中!

↑熊野の聖地や人々の暮らしを大地の成り立ちから解き明かす。オススメの熊野本です↑

熊野神社:愛知県県豊田市明川町4

河合さんからご投稿いただきました。ありがとうございます。河合さんのHP「まちもよう」はこちら

霊気の迫るその石を清め扉に治む

熊野神社二の鳥居、拝殿

(旧東加茂郡足助町大字明川字フセダ4)

ここの熊野神社は、秋の紅葉で有名な香嵐渓(こうらんけい)の上流にあり、周囲は山ばかりです。
昔は伊勢湾の塩が信州など山間に運ばれた塩の道「中馬街道」が通っていた町です。
山が多い土地柄、不安が先立ち、明川(あすがわ)郵便局を見つけ、大急ぎで地理を尋ねました。
局長さんからお手製の地図にポイントを書き加えていただき、更にアドバイスをいただき、効率的に参拝できました。
また、参拝した境内では、農村舞台と説明文をみつけ、山里の文化を少し理解できました。

熊野神社一の鳥居

第一鳥居です。ここも旧街道から少し山に入った場所です。境内は右手になります。

熊野神社本殿

神明造の本殿。

熊野神社本殿

地狂言をしのぶ農村舞台の説明文。間口15.89M,奥行7.37Mで旧足助町内最大の規模という。
江戸末から明治、大正時代にかけて地狂言、歌舞伎を行ったという。

熊野神社二の鳥居

拝殿付近から見た萱葺の農村舞台。
今は使われていないようです。右手が境内入口です。

御祭神

熊野久須日命

由緒

創建は天明2年(1782)7月13日の勧請と伝える。
昔は北西二丁の所に鎮座。今も尚字名をオクマノという。
里人この地を耕作中に鍬先に石当たる。
鍬に血痕つくを見て驚き、霊気の迫るその石を清め扉に治む。
その後、現在の社地に鎮座するという。
(愛知県神社名鑑より)

(河合さん)

No.1004

2009.7.12 UP
2021.6.2 更新

参考文献



愛知県豊田市明川町

読み方:あいちけん とよたし あすがわちょう

郵便番号:〒444-2601

豊田市HP

豊田市 - Wikipedia
豊田市(とよたし)は、愛知県西部(西三河地方)に位置する市で、中核市である。トヨタ自動車が本社を置く企業城下町として知られている。
濁音で「とよだ」と誤読される事があるが、正しくは清音で「とよた」である。ただし、市名の由来であるトヨタグループの創始者である豊田佐吉や一族の姓は「とよだ」と濁音である。