み熊野ねっと 熊野の深みへ

blog blog twitter facebook instagam YouTube

熊野謎解きめぐり 大地がつくりだした聖地
出版予定日は11月10日。amazonにて予約受付中!

熊野神社:岐阜県養老郡養老町室原714-11

河合さんからご投稿いただきました。ありがとうございます。河合さんのHP「まちもよう」はこちら

もと天王社、戦国時代の頃に熊野権現を勧請し主神に

熊野神社拝殿

御祭神

伊邪那美神 事解之男神 速玉之男神

由緒

創建は不詳であるが、史的考察によれば平安末期ころと推定される。
当時、牛頭天王を祭る津島天王社から分神を受け、室原天王社として祭った。
年を経て、古老達の言い伝えと史的考察によれば、文明~大永年間(1469~1570)の頃か、紀州熊野権現から分神を迎え、主神となし室原熊野権現とし、天王社は旧の儘に置いた。
その後、別当として真言宗の知善院を建立し、権現社の体制が整い、江戸末期まで続いた。
明治6年には神仏分離の法令が徹底されて、知善院は廃寺となし、熊野神社とした。
(境内の由緒記による)

また、町の資料によれば、当社の祭は10月5日に山車(車に山の合成文字)3台が飾られ、豊作の年には子供歌舞伎が山車で披露されると解説されています。

場所

当社は集落の中心にあり、他所の人間には分かりにく場所となっており、徒歩で歩きまわり、拝殿の横から境内に入りました。
拝殿は大きいという感想でしたが、奥の本殿は檜皮葺の本殿、陶器製と思われる狛犬があり、格調高い神社でした。

熊野神社鳥居

神橋がある社前です。

熊野神社拝殿

本殿と陶器製と思われる狛犬です。

熊野神社拝殿

拝殿前の表に祭神、裏に由緒記 が刻まれた石碑です。

(河合さん)

No.1083

2009.9.29 UP
2020.10.29 更新

参考文献



岐阜県養老郡養老町室原

読み方:ぎふけん ようろうぐん ようろうちょう むろはら

郵便番号:〒503-130

養老町HP

養老町 - Wikipedia
養老町(ようろうちょう)は、岐阜県西部の養老郡に属する町。親孝行な子供の話を聞き、当地へ行幸した元正天皇が若返りの滝の水を知り、元号を「養老」としたのが町名の由来である。