み熊野ねっと 熊野の深みへ

blog blog twitter facebook instagam YouTube

一ツ谷神社:群馬県高崎市島野町1134

TATSUさんからご投稿いただきました。ありがとうございます。

昭和初期に合祀されたが現存、平成初期に現社名に改称

一ツ谷神社鳥居

関越自動車高崎インター近く、畑と住宅の混じる場所に鎮座。
拝殿の戸は開け放されていた。
社前には大岩のほか、新しい狛犬が一対、庚申塔が一基。

御祭神

伊弉那岐命
伊弉那美命

由緒

不詳

昭和3年大字島野の熊野社、稲荷社、八坂社と共に一ッ谷の熊野社を島名神社(島野町676)に合併した。
一ッ谷の熊野社は合併後も社はそのまま残し地域の人はそのまま参拝していた。

しかし昭和55年開通の関越自動車道によって一ッ谷の人々は島名神社への参拝に不便だとしてかっての熊野神社の建物を平成元年に改築、平成二年に一ッ谷神社と改称して今も祀っている。

(「上野国神社明細帳」「高崎市史」参照)

一ツ谷神社神額

一ツ谷神社拝殿

一ツ谷神社本殿

(TATSUさん)

No.1415

2011.2.26 UP
2021.5.17 更新

参考文献



群馬県高崎市島野町

読み方:ぐんまけん たかさきし しまのまち

郵便番号:〒370-0015

高崎市HP

高崎市 - Wikipedia
高崎市(たかさきし)は、関東地方の北西部、群馬県中南部に位置する商工業都市。中核市。1900年の市制施行当時の区域は旧:群馬郡。現在の市域は、旧:群馬郡・碓氷郡・甘楽郡・多野郡(多胡郡・緑野郡)の区域で構成される。平成の大合併で6町村が統合した結果、県庁所在地である前橋市を凌いで県内最大の人口を擁する都市となった。