み熊野ねっと 熊野の深みへ

blog blog twitter facebook instagam YouTube

井野神社:群馬県高崎市井野町1312

TATSUさんからご投稿いただきました。ありがとうございます。

延暦年間(奈良後期〜平安初期)に勧請と伝えられる熊野神社

井野神社鳥居

JR上越線井野駅の南500mほど、井野川のほとりに鎮座する。
隣には井野町公民館があり、その前が広場で、推定樹齢300年以上の大イチョウが真ん中に立っている。
境内は駐車場になっており、参道の両側は生垣になっている。
境内には白砂の上に境内社が数社並んでいる。

井野神社大イチョウ

御祭神

伊弉那美命

由緒

不詳

社伝によれば桓武天皇の御宇、延暦年間(782ー806)に勧請されたと言われている。
もとは熊野神社であったが、明治四十年七月三日字砂田の石神神社、字井ノ田の諏訪神社を合併し、同時に井野神社と改称された。

(祭神、由緒共に「高崎市史」参照)

井野神社拝殿

井野神社本殿

井野神社境内社
境内社

(TATSUさん)

No.1421

2011.3.4 UP
2021.5.17 更新

参考文献



群馬県高崎市井野町

読み方:ぐんまけん たかさきし いのまち

郵便番号:〒370-0004

高崎市HP

高崎市 - Wikipedia
高崎市(たかさきし)は、関東地方の北西部、群馬県中南部に位置する商工業都市。中核市。1900年の市制施行当時の区域は旧:群馬郡。現在の市域は、旧:群馬郡・碓氷郡・甘楽郡・多野郡(多胡郡・緑野郡)の区域で構成される。平成の大合併で6町村が統合した結果、県庁所在地である前橋市を凌いで県内最大の人口を擁する都市となった。