み熊野ねっと 熊野の深みへ

blog blog twitter facebook instagam YouTube

熊野神社:茨城県取手市宮和田335

TATSUさんからご投稿いただきました。ありがとうございます。

鎌倉幕府重臣となる千葉常胤が平安時代末期に創建した熊野神社

熊野神社鳥居

場所

JR常磐線藤代駅より徒歩20分ほど。
小貝川の堤防のすぐ側に鎮座。小貝川の流域には、 このほかに数社の熊野神社が存在する。
小貝川は平野部、田園地帯を流れる川であり、幾度となく氾濫を繰り返した歴史がある。
境内にの石灯籠には天保三年(1832)、 手水鉢には安永四年(1775)の銘がある。

熊野神社拝殿

熊野神社本殿

御祭神

事解男命
伊佐奈美命
速玉男命

由緒

治承四年(1180)一月九日、千葉平常胤の創建。
永正四年(1507)二月改築。嘉永四年再建。   

(御祭神、由緒ともに「茨城県神社誌」参照)

熊野神社遠景

熊野神社、堤防から

(TATSUさん)

No.920

(てつによる追記)

千葉常胤(ちば つねたね)は、平安時代末期から鎌倉時代前期にかけての武将。鎌倉幕府草創期の重臣。千葉家中興の祖といわれる。

2009.3.28 UP
2021.8.15 更新

参考文献



茨城県取手市宮和田

読み方:いばらきけん とりでし みやわだ

郵便番号:〒300-1514

取手市HP

取手市 - Wikipedia
取手市(とりでし)は、茨城県南部の県南地域に位置する市。東京都市圏を構成する市町村の一つである(東京通勤圏に含まれる)。