み熊野ねっと 熊野の深みへ

blog blog twitter facebook instagam YouTube

熊野謎解きめぐり 大地がつくりだした聖地
amazonにて販売中!

↑熊野の聖地や人々の暮らしを大地の成り立ちから解き明かす。オススメの熊野本です↑

熊野神社:神奈川県鎌倉市大船2033

TATSUさんからご投稿いただきました。ありがとうございます。

浄明寺地区の氏神

熊野神社拝殿

場所

大船駅から常楽寺経由鎌倉湖畔循環バスで常楽寺下車、徒歩5分。
多聞院の入り口横に鳥居が建つ。急な石段を登ると山腹に社殿が鎮座。
境内には舞殿もある。

熊野神社鳥居

熊野神社境内

熊野神社境内社
境内社:金毘羅社

多門院

多門院

多聞院は真言宗の寺で、本尊は毘沙門天です。毘沙門天は多聞天ともいい、仏の四方を守る守護神のうち北方を守る神将です。

祭神

日本尊命
(神奈川県神社誌より)

由緒

「相模風土記」に、安永九年(一七八〇)、地頭長山氏勧請す、と見えるのは未社金毘羅社の事である。
以下本社のそれを記す。
創立の時詳ならざれども後鳥羽天皇の御宇寿永二年、院宣を下し安房国群房庄を社領に寄進せらる。
後深章天皇の御代建長二年十二月二十九日、社れい社務方に付再び院宣を賜り、後村上天皇の御時貞和二年、三度院宣を下し社領を安堵せしめられしなど、以て皇室の御尊崇如何に深かりしかを知るべし。
又、甘槽土佐守清忠、甘槽備後守清長、甘槽佐渡守清俊などの武将および、長山弥三郎、能勢靱負佐、村上主殿、木原兵三郎、松平肥後守容衆、肥前守領衛などの主名門の諸家、厚い崇敬の誠をつくせり。
古来画像を安ぜしを正親町天皇の御代天正七年七月、甘槽佐渡守平朝臣長俊、御座像を再興し奉る。 現在の御神体である。

(神奈川県神社庁の資料より)

(TATSUさん)

No.446

2005.9.7 UP
2021.5.12 更新

参考文献



神奈川県鎌倉市大船

読み方:かながわけん かまくらし おおふな

郵便番号:〒247-0056

鎌倉市HP

鎌倉市 - Wikipedia
鎌倉市(かまくらし)は、神奈川県の南部に位置する市。人口は約17.2万人。三浦半島西側の付け根にあり、鎌倉を中心部とする。