み熊野ねっと 熊野の深みへ

blog blog twitter facebook instagam YouTube

熊野神社:宮城県大崎市古川中里3-1-21

TATSUさんからご投稿いただきました。ありがとうございます。

 

 

 

江戸前期に熊野新宮より勧請

熊野神社鳥居

場所

(旧古川市中里3-1-21)

JR陸羽東線古川駅より南西に徒歩15分。
隣接して浄土宗極楽寺があり、緑に囲まれた境内には中里集会所がある。
境内社として稲荷神社が祀られている。

熊野神社拝殿

御祭神

家都御子神
熊野速玉神
熊野夫須美神
武甕槌神

熊野神社神額

由緒

貞享元年(1684)九月、紀州熊野速玉神社より分霊を勧請した。
以降中里地区の鎮守として崇敬されてきた。
元文四年(1739)三月火災の為社殿焼失したが、寛保元年(1741)に再建された。
その後都度小規模な修復がなされたが、昭和42年末社の鹿島神社の社殿を本殿となし大改修を行い現在に至る。

 (祭神、由緒は提示の「中里地区鎮守 熊野神社御由緒」参照)

熊野神社本殿

熊野神社境内

(TATSUさん)

No.1293

2010.7.28 UP
2021.2.21 更新

参考文献



宮城県大崎市古川中里

読み方:みやぎけん おおさきし ふるかわ なかざと

郵便番号:〒989-6143

大崎市HP

大崎市 - Wikipedia
大崎市(おおさきし)は宮城県北西部の大崎地方に属する市である。
2006年3月31日、古川市、遠田郡田尻町、志田郡三本木町・松山町・鹿島台町、玉造郡岩出山町・鳴子町の1市6町が新設合併して誕生した。県内において人口は仙台市・石巻市に次ぎ3番目となり、面積も隣の栗原市に次ぎ2番目となった。3つの郡に跨る大規模合併により成立しており、県北有数の都市である旧古川市を軸に際立った個性を持つ旧鳴子・岩出山の両町とこれらとは異なる文化・経済圏をもつ旧鹿島台・松山の両町を含んでおり、多彩な地域性を有している。反面、かような広域合併の背景に起因する問題も抱えている。