み熊野ねっと 熊野の深みへ

熊野神社:栃木県那須烏山市熊田1204

TATSUさんからご投稿いただきました。ありがとうございます。

那須烏山市熊田に複数ある熊野神社のひとつ

熊野神社鳥居

那須烏山熊田の宮下バス停より東に入る。
西光寺への道を右に見て、左側の山道を進む。
ところどころに石段が混じる道を進むと鳥居があり、
さらに登ると境内である。
社殿の左には三基の石碑が建っている。
一基には「熊埜山」と刻まれている。
神社の裏に鳥居があり、その先を登っていくと、山頂に石祠が祀られていたが祭神は不明。

熊野神社参道

熊野神社拝殿

御祭神
伊佐奈岐命、伊佐奈美命

由緒 不詳
推古天皇の御世に、紀州熊野より遷宮した。
古来熊野三所大権現と称して、鎮守として毎年盛大な祭典を執行した。

(祭神、由緒共に「栃木県神社誌」参照)

熊野神社神額

熊野神社社殿

(TATSUさん)

No.1388

2010.12.24 UP
2020.3.28 更新

参考文献



栃木県那須烏山市熊田

読み方:とちぎけん なすからすやまし くまだ

郵便番号:〒321-0502

那須烏山市HP

那須烏山市 - Wikipedia
那須烏山市(なすからすやまし)は、日本の市の一つ。栃木県の東部にある。人口は約3万人で県東部地域の政治、経済、行政の拠点都市。那珂川県立自然公園に位置し、那珂川や荒川の清流、八溝山系に属する緑豊かな里山が織り成す景観に恵まれている。国の重要無形民俗文化財に指定されている「山あげ祭」や龍門の滝、温泉など歴史文化・観光資源が豊富な地域である。 2005年(平成17年)10月1日に那須郡烏山町と同郡南那須町の新設合併により発足した。