み熊野ねっと 熊野の深みへ

blog blog twitter facebook instagam YouTube

熊野謎解きめぐり 大地がつくりだした聖地
amazonにて販売中!

↑熊野の聖地や人々の暮らしを大地の成り立ちから解き明かす。オススメの熊野本です↑

熊野神社:山形県鶴岡市布目字宮田82

山濱さんからご投稿いただきました。ありがとうございます。

(鶴岡市大字布目字宮田82)

御祭神

熊野大神

神社の向き

南から85度東

境内社

猿田彦神社


集会場兼社殿

住宅地図にはこの神社はのっていなかったので、地名をたよりに車を走らせると道の脇に突如鳥居が・・・
なんと、この熊野神社は地区の集会場がそのまま社殿となっているのでした。
したがって鳥居をくぐると集会場の玄関があり、アルミサッシをガラガラとあけるとガラス戸の先に拝殿が・・・行った感じなのです。
なんでも、もともと線路側にあった神社を集会場に移したようで、集会場も平成11年10月に新築されたため、とてもきれいです。

旧社地

近くの旧社地にも行ってみましたが、石の祠が鳥居の先に鎮座しておりました。
なんとなく、ミニ大斎原といった感じでしょうか?


旧社地の鳥居


旧社地の祠


旧社地の社号票

(山濱さん)

No.98

2001.9.18 UP
2021.11.2 更新

参考文献



山形県鶴岡市布目

読み方:やまがたけん つるおかし ぬのめ

郵便番号:〒997-0851

鶴岡市HP

鶴岡市 - Wikipedia
鶴岡市(つるおかし)は、山形県の庄内地方南部に位置する人口約12万人の都市である。市街地規模は山形市、酒田市に次ぐ県内3位である。2005年の市町村合併により県内人口が第2位となり、市の面積は東北地方で最も広く全国第7位となった。その他にも学校給食発祥の地、バンジージャンプ発祥の地、サーフィン発祥の地など様々な文化の発祥地として知られる。
鶴ヶ岡城周辺の中心市街地は江戸時代には鶴岡藩(通称:庄内藩)の城下町として栄えた。郊外には庄内米やだだちゃ豆の農地が広がり、出羽三山神社には東北地方で唯一、皇族(蜂子皇子)の墓がある。