■ 熊野入門

 み熊野トップ>熊野入門

熊野とは?熊野三山とは?熊野古道とは?熊野詣とは?熊野三山の主神世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」

熊野へのアクセス熊野古道の歩き方熊野の魅力

カスタム検索

★ 熊野とは何?


 本宮新宮那智熊野三山が鎮座する熊野(くまの)。
 熊野とは、かつての紀伊国牟婁(むろ)郡のことで、紀伊半島南部の地域をいいます。
 紀伊国牟婁郡というと、和歌山県というイメージがあるかもしれませんが、和歌山県のうちに納まるものではなく、三重県にも及んでいました。紀伊国牟婁郡は古くは熊野国としてあり、孝徳天皇(596〜654)のときに紀伊国に牟婁郡として編入されたとの説もあり、面積的にはそれだけでひとつの県となってもおかしくないほどに広かったのです。

 紀伊国牟婁郡は明治になって、近畿最長の河川である熊野川を境に二つの県に分けられ、熊野川以西は現在の和歌山県に、熊野川以東は現在の三重県に属することになりました。
 ですから、熊野とはだいたい現在の和歌山県の東牟婁郡・西牟婁郡と三重県の南牟婁郡・北牟婁郡の辺りということになります。

 「熊野」という地名が何を意味していたのか、その語源ははっきりとはわかっていません。様々な説があります。

・「クマ」は古語で「カミ」を意味し、「神のいます所」の意とする説
・「クマ」は「こもる」の意で、「樹木が鬱蒼と隠りなす所」の意とする説
・「クマ」は「こもる」の意で、「神が隠る所」の意とする説
・「クマ」は「こもる」の意で、「死者の霊魂が隠る所」の意とする説
・「クマ」は「隅(くま=すみ)」の意で、都から見て「辺境の地」の意とする説
・「クマ」を「影」の意とする説
・「クマ」を「曲(くま)」の意とする説

 どの説を取るにしろ、熊野には開けた明るいイメージはありません。木々が鬱蒼と茂る、陽のあまり当たらない未開の地というイメージ。

 実際、熊野三千六百峰といわれ、ほとんどが山林に覆われ、平地はほとんどなく、山からいきなり海になるような地形の所が多い熊野は、人が農耕をして暮らすには不便な場所でした。
 その山がちの地形により人間の手による開発を免れていた熊野は、ほぼ全域をシイやカシなどの日の光を照り返す木々を主とした照葉樹林に覆われていました。
 大和地方の都人から見たら、熊野は山のはるか彼方にある辺境の地であって、大和とはまるで違う異界としてイメージされたに違いありません。

 熊野の地名が初めて登場する文献は『日本書紀』だと思いますが、『日本書紀』では、熊野はイザナミノミコトの葬られた土地として登場します。
 また、やはり『日本書紀』には、スクナヒコナノミコトが熊野の御崎から常世(とこよ。海底他界)に渡った、との記述もあり、熊野の名は記されていないものの、スサノオノミコトが紀伊国に渡り、熊成峰から根の国(地下他界)に入った、との記述もあります。
 スサノオの話に関しては、熊成峰ということで熊野とは述べられていませんが、紀伊国にあるというのだから、熊野三千六百峰の一峰であると捉えてもおかしくないと思います。

 大和地方の人々は熊野を死者の国(死後の世界)に近しい場所と考えていたようです。
 熊野には以前から死者の国としてのイメージが与えられていたので、のちに浄土信仰が盛んになったときに、熊野は、やはり死者の国である「浄土」と結びつけられたのでしょう。
 神仏習合や浄土信仰の隆盛により、本宮は阿弥陀如来の西方極楽浄土、新宮は薬師如来の東方浄瑠璃浄土、那智は千手観音の南方補陀落(ふだらく)浄土の地であると考えられ、熊野は全体として現世にある「浄土」の地とみなされるようになりました。

 熊野が広くその名を知られるようになるのは、院政期、上皇や女院による熊野御幸(くまのごこう)が行われるようになってからです。
 院政期、熊野御幸がほぼ年中行事と化すほど、上皇たちは熊野信仰に熱を入れました。このことにより熊野は浄土信仰の日本第一の大霊験所として地位を確立したのです。

 武士の世となり、院政が衰え、熊野御幸は衰退していきましたが、熊野信仰は衰えませんでした。上皇たちは来なくなりましたが、今度は武士や庶民による熊野詣が盛んになります。
 室町時代以降、「蟻の熊野詣」と、蟻が餌と巣の間を行列を作って行き来する様にたとえられるほどに、大勢の人々が列をなして熊野を詣でるようになったのです。

 この熊野信仰の隆盛には、一遍上人(1239〜89)を開祖とする時衆(じしゅう。のちに時宗)という浄土教系の鎌倉新仏教の念仏聖たちの働きがありました。
 時衆の念仏聖たちは熊野を特別な聖地と考え、それまで皇族や貴族などの上流階級のものであった熊野信仰を庶民にまで広めていったのです。

 このように浄土信仰の日本第一の大霊験所として栄えた熊野は、やがて神仏の権威の衰退や浄土信仰の衰退とともに衰えていったのでした。

(てつ)

2003.1.4 UP

 ◆ 参考文献

宇治谷孟『日本書紀(上)全現代語訳』講談社学術文庫
小山靖憲『熊野古道』岩波新書
町田宗鳳『エロスの国・熊野』法蔵館
小松和彦『新編・鬼の玉手箱 外部性の民俗学』福武文庫
梅原猛『日本の原郷 熊野』とんぼの本 新潮社

Loading...
Loading...

■熊野関連市町村
★ 和歌山県
田辺市

 ・本宮観光協会
 ・中辺路観光協会
 ・大塔観光協会

・西牟婁郡
 ・上富田町
 ・白浜町
 ・日置川町
 ・すさみ町
 ・串本町

・東牟婁郡
 ・熊野川町
 ・北山村
 ・那智勝浦町
 ・太地町
 ・古座町
 ・古座川町
新宮市

新宮市・熊野川町・北山村合併協議会

★ 三重県
・南牟婁郡
 ・鵜殿村
 ・紀和町
 ・紀宝町
 ・御浜町

熊野市
尾鷲市
・北牟婁郡
 ・海山町
 ・紀伊長島町

■熊野関連サイト
熊野フィールドミュージアム
 熊野の自然や文化を紹介しているサイト。
熊野三山協議会
 熊野三山に関するサイト。
吉熊.net
 吉野熊野地域振興協議会のHP。
和歌山県世界遺産登録推進協議会

 高野・熊野を世界遺産に。
熊野古道を世界遺産に

 楠本弘児さんの写真が素晴らしいです。
奥熊野ネットワーク

 熊野川水系の市町村の紹介。
東紀州情報発信地
 三重県側の熊野情報。
東紀州ワンダーランド

 三重県側の熊野について。
みえ東紀州へようこそ

 三重県側の熊野について。
熊野大事典
 新宮市及び東牟婁地域の熊野案内。
南紀ほんまもん王国
 田辺市及び西牟婁地域の熊野案内。
熊野・那智 バリアフリー情報
 バリアフリーという視点に立った熊野観光案内のサイト。
熊野街道.COM
 和歌山・三重・奈良の三県にまたがる熊野地域の様々な情報を発信。
WebNanki
 南紀熊野の総合情報サイト。釣り情報や観光案内など。
本宮町観光協会
 本宮町の観光・宿泊案内
新宮市観光協会
 新宮市の観光・宿泊案内
那智勝浦町観光協会

 那智勝浦町の観光・宿泊案内
白浜観光協会

 白浜町の観光・宿泊案内 

 

 


み熊野トップ>熊野入門