■ 熊野の観光名所

 み熊野トップ>熊野の観光名所>新宮市

カスタム検索

◆ 熊野速玉大社(くまのはやたまたいしゃ)  和歌山県新宮市新宮1


熊野三山のひとつ、熊野速玉大社

熊野速玉大社鳥居 熊野新宮、熊野速玉大社
 熊野三山のひとつ。本宮から熊野川をずっと下った河口、千穂ヶ峰の北東麓に熊野速玉大社は鎮座しています。

 もともとは、速玉大社から南へ1〜2km行った千穂ヶ峰の東南端の神倉山に祀られていたのが、のちに現在地に遷され、そのため神倉山の古宮に対し、ここを新宮と呼ぶようになったということです。

熊野速玉大社神宝館 JR新宮駅から徒歩15分。
 鮮やかな朱塗りの鳥居を目に飛び込んできます。
鳥居の形は、神仏混淆の神社に多く見られる両部鳥居(両部とは密教の金胎両部、金剛・胎蔵のこと)。 鳥居をくぐり、参道を進むと、右手にやはり朱塗りの摂末社があります。
 さらに進むと、右手に朱塗りの神宝館があり、左手には梛(なぎ)の大樹が枝を広げています。

 神宝館では速玉大社所蔵の古神宝類を展示しています。
 速玉大社は国宝・重文を含む計1204点もの古神宝類を所蔵していて、そのうちの一部を神宝館で展示しています。
 たくさんの国宝を間近に見ることができますし、とても珍しいものもありますので、ぜひ一度はご覧になられることをお勧めします。神宝館入館料は500円(9:00〜16:00)。

 その神宝館正面、参道挟んで向いに立つのが、(なぎ)の大樹。
 平安末期に熊野三山造営奉行を務めた平重盛清盛の嫡男)の手植えと伝えられています。推定樹齢1000年。梛としては日本最大。国の天然記念物に指定されています。

 ナギは熊野権現の御神木で、その葉は、笠などにかざすことで魔除けとなり、帰りの道中を守護してくれるものと信じられていました。
 ナギはマキ科に属する針葉樹でありながら、広葉樹のような幅の広い葉をもつちょっと変わった樹木です。
 その葉がまた変わっていて、縦に細い平行脈が多数あって、主脈がありません。その一風変わった構造のため、ナギの葉は、横には簡単に裂くことができますが、縦には枯れ葉であってもなかなかちぎることができません。葉の丈夫さからナギにはコゾウナカセ、チカラシバなどの別名があり、その丈夫さにあやかって男女の縁が切れないようにと女性が葉を鏡の裏に入れる習俗があったそうです。
 また、ナギは、他の植物の生育を抑制する働きをもつナギラクトンという化学物質を分泌するそうです。
 葉の丈夫さや他の植物の生育を抑制する力をもつことからナギの葉は魔除けのお守りにされるようになったのかもしれません。

熊野速玉大社神門 参道を進むと、朱塗りの神門。
 神門のなかに入ると、朱塗りの瑞垣。その向こうにやはり朱塗りの社殿が横に5棟並んでいます。まだまだ真新しく見える社殿は昭和に再建されたものです。向かって左から第一殿、第二殿、摂社の奥御前三神殿、第三殿・第四殿・神倉宮の三社相殿(あいどの)、第五殿から第十二殿までの八社相殿と5棟、並んでいます。

熊野速玉大社社殿 向かって左に礼殿があります。礼殿の前には第一本社と第二本社が並んでいます。第一本社は「結宮(むすびのみや)」といい、熊野結大神(くまのむすびのおおかみ。那智の主神)を祀っています。第二本社は「速玉宮(はやたまぐう)」といい、熊野速玉大神(くまのはやたまのおおかみ)を祀っています。
 新宮では熊野速玉大神・熊野結大神の2柱を主神としています。速玉大社というので、速玉大神が主神と思われますが、結、速玉の2神が主神だということです。この2神、速玉が男神で、結が女神ということで、夫婦神と考えられ、もともとは一社殿に祀られていました。

 神門入って正面の社殿を「上三殿」といい、第三殿の「証誠殿(しょうじょうでん)」、第四殿の「若宮(わかみや)」、「神倉宮」の3社相殿で順に、「家都美御子命(けつみみこのみこと。本宮の主神)、国常立尊」「天照大神」「高倉下命(たかくらじのみこと)」を祀っています。神倉宮は新宮の旧宮の神倉山の祭神を祀っています。

 第二本社と上三殿の間には、小さな摂社の奥御前三神殿があります。天之御中主神、高皇産霊神、神皇産霊神の3柱を祀っています。
 向かって右の社殿は、中四社・下四社の合わせて8社殿の相殿で八柱の神々を祀っています。

 新宮には下記のように熊野十二所権現+神倉山の祭神の13社が祀られています。

社殿名 祭神名
上四社 第一殿 速玉宮 熊野速玉大神・伊邪那岐大神
第二殿 結宮 熊野夫須美大神・伊邪那美大神
第三殿 証誠殿 家津美御子大神・国常立尊 上三殿
第四殿 若宮 天照皇大神
神倉宮 高倉下命
中四社 第五殿 禅児宮 忍穂耳尊高倉下命 おしほみみのみこと
第六殿 聖宮 瓊々杵尊 ににぎのみこと
第七殿 児宮 彦穂々出見尊 ひこほほでみのみこと
第八殿 子守宮 うが草葺不合尊(う=慮+鳥、が=茲+鳥)
下四社 第九殿 一万宮
十万宮
国狭槌尊 くにさづちのみこと
とよくむぬのみこと      
第十殿 勧請宮 泥土煮尊 うひじにはにのみこと
第十一殿 飛行宮 大戸道尊 おおとのじのみこと
第十二殿 米持宮 面足尊 おもだるのみこと

 この他、神門の内や外にもいくつかの摂末社があります。瑞垣内に先に挙げた奥御前三神殿。神門の内には新宮神社、熊野エビス神社。神門の外には八咫烏神社、かぎの宮 手力男神社、熊野稲荷神社があります。

 もともと、結・速玉の2神を祀っていた速玉大社。それがのちに(平安の中期ごろでしょうか)、本宮・新宮・那智が熊野三山として連係を結ぶに及んで、家津美御子を勧請、熊野三所権現として三山共通に3柱の神を祀るようになり、熊野信仰の流布とともにのちのちさらに諸神を祀るようになったのでしょう。

熊野速玉大社千木 また、明治の神仏分離以前、熊野では神仏は習合していました。
 6世紀に伝来された仏教ですが、次第に神道と融和。平安後期には本地垂迹(ほんじすいじゃく)思想が浸透していきます。
 本地垂迹思想とは、神の本地(本体)は仏であるという考え方。仏や菩薩が人々を救うために仮に神の姿をとって現われたのだという考え方です。もとの仏や菩薩を本地といい、仮に神となって現われることを垂迹といいます。また、その仮に現れた神のことを権現といいます。
 平安末期、12世紀には、熊野三山それぞれの12の社殿に祀られた神々は熊野十二所権現と呼ばれ、すべて本体は仏や菩薩であると考えられました。

 熊野速玉大神は薬師如来、熊野結大神は千手観音、家津美御子大神は阿弥陀如来を本地とするされました。
 本地とされる仏・菩薩にはそれぞれ独自の御利益があり、薬師如来(熊野速玉大神)は過去世の救済、病の治癒を司り、千手観音(熊野結大神)が現世利益を授け、阿弥陀如来(家津美御子大神)が来世の加護を与えるというように考えられていました。
 過去世・現世・来世の三世にわたって人々を救う神仏の住まう熊野は、浄土の地として人々に認識されるようになりました。

 熊野の聖なるイメージを人々に浸透させるのに尽力したのが、平安から鎌倉にかけては山岳仏教の山伏たちであり、南北朝から室町にかけては時衆の念仏聖たちでした。戦国時代には熊野比丘尼たちが活動しました。山伏たちは皇族・貴族に熊野信仰を広め、上皇・女院の「熊野御幸」による熊野全盛期を生み、念仏聖や熊野比丘尼たちは庶民に広め、庶民の「蟻の熊野詣」による熊野全盛期を生みました。

 中世、日本最大の霊場であった熊野でしたが、やがてその熱狂振りも衰微していきます。
 江戸時代、熊野三山は紀州藩の宗教政策のもと、神道化。熊野山伏や念仏聖、熊野比丘尼たちの活動を抑圧しました。その結果、熊野信仰は衰微していきます。
 明治に入ってさらに決定的なまでに熊野信仰は衰微します。その最たる原因は、明治元年(1868年 )の神仏分離令だと考えられます。本地垂迹思想により仏教と渾然一体となっていた熊野信仰にとって、国家の神道国教化政策は大きなダメージとなりました。これにより熊野を詣でる人は激減したとか。

 お勧めのお土産はやはり熊野午王宝印。カラス文字で描かれた熊野の神符。三山それぞれデザインが異なりますので、速玉の午王宝印は速玉でしか手に入れられません。速玉の牛王宝印は、48羽のカラスで文字が描かれているところから、「よとや(四十八)の神咒(かじり)」ともいい、速玉大神の人々を救おうとする願いが一羽一羽の烏に込められているそうです。

 近くには新宮出身の作家・佐藤春夫の記念館もあります。

 例大祭は10月15〜16日。

 熊野速玉大社例大祭2002神馬渡御式2002御船祭2006御船祭2008神馬渡御式2008御船祭

 熊野新宮関連の熊野の説話

 古典に見る熊野新宮参拝の模様

 ◆ 参考文献

加藤隆久 編『熊野三山信仰事典』神仏信仰事典シリーズ(5) 戎光祥出版
監修 神坂次郎/写真 楠本弘児『神秘の国 熊野』アガサス

Loading...
Loading...
■熊野入門
熊野とは?
熊野三山とは?
熊野古道とは?
熊野詣とは?
熊野三山の主神
世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」
熊野へのアクセス

amazonのおすすめ

お近くの宿


アクセス:JR新宮駅から徒歩15分
駐車場:無料駐車場あり(30台ほど) 年末年始は、速玉大社の駐車場は混むと思いますので,どこか別の駐車場に停めて歩いてお参りしてもよいかもしれません。
地図Yahoo!地図  Google マップGoogle Earth(kml)

熊野速玉大社 tel:0735-22-2533

神宝館
 開館時間:AM9:00 〜PM4:00
 休館日:10月15・16日
 料金:500円

観光プラン
お燈祭りをたどる旅

■新宮市の観光スポット
熊野速玉大社
神倉神社
阿須賀神社
徐福公園
桑の木の滝
浮島の森

■宿泊
新宮の宿泊施設
本宮の宿泊施設
勝浦の宿泊施設

新宮市へのアクセス

(てつ)

2002.6 更新
2003.2.4 更新

 

 


み熊野トップ>熊野の観光名所>新宮市