み熊野ねっと 熊野の深みへ

昼嶋(ひるじま or ひるしま)

三重県南牟婁郡紀宝町浅里/和歌山県新宮市熊野川町 浅里村:紀伊続風土記(現代語訳)

熊野権現が昼食をとった島

 熊野川の中にある島。この島で、熊野権現が昼食をとったとか、熊野権現と天照大神が碁を打ったとか。

昼嶋

 川の水量が少ないときなら、和歌山県側から歩いていくことができます。

 国道端のスペースのある所に車を置き、道なき山を下りて河原へ出ました。  昼嶋

昼嶋

 ハシゴがあるので、そこから登ります。

昼嶋

 岩の上は碁盤の目のようになっています。

昼嶋

 蝶の羽根岩と同じように柱状摂理を上から見ている形になります。

 『南紀徳川史』に収められている「熊野道中記」には以下のように記されています(現代語訳てつ)。

碁盤嶋  川の中にある。
      水際より上で碁盤のようになっている石である。
      碁石もある。

昼嶋   浅見領、川の中にある。碁盤島と飛石の事か。

 この記述によると、昼嶋は碁盤嶋とも呼ばれたようです。

(てつ)

2011.5.26 UP
2020.8.30 更新

参考文献

宝竜滝へ

アクセス:JR新宮駅から車で約10分、徒歩5分(案内板も道もありません)
駐車場:国道脇に駐車スペースあり