み熊野ねっと 熊野の深みへ

blog blog twitter facebook instagam YouTube

熊野謎解きめぐり 大地がつくりだした聖地
出版予定日は11月10日。amazonにて予約受付中!

『熊野年鑑』現代語訳 敏達

敏達天皇

現代語訳

甲午(きのえうま)

熊野神倉に神火が現れた。

4年 乙未(きのとひつじ)

神倉山が光明を放った。

9年 庚子(かのえね)

正月に熊野牛王宝印の加持が始まった。

10年 辛巳(かのとみ)

2月に蝦夷が辺境で敵対した。蝦夷が朝廷への忠誠を誓い、誅殺を免れた。

※誤訳等ありましたらご指摘ください。

原文

甲午

熊野神倉ニ神火現

四 乙未

神倉山放光明

九 庚子

正月熊野牛王宝印加持始

十 辛巳

二月蝦夷冠辺境作盟免誅

back next

(てつ)

2021.10.7 UP

参考文献