■ 熊野の説話

 み熊野トップ>熊野の説話

◆ 浄蔵、父を蘇生させること


 『扶桑略記』より(『新訂増補国史大系』)。

 延喜十八年(918)十月二十六日、参議三善清行が亡くなった。その子で修験者であった浄蔵は熊野へ向かう途中に父の死を悟り、京に引き返した。
 死後五日が経ち、京に着いた浄蔵が加持したところ、父清行が棺中より蘇生し、浄蔵を礼拝した。
 再び清行は七日後に他界したが、西に向かって念仏してなくなり、火葬してもそのは焼けなかった。

(てつ)

2005.8.5 UP

 ◆ 参考文献

『本宮町史 文化財編・古代中世史料編』

 

 

amazonのおすすめ


み熊野トップ>熊野の説話