み熊野ねっと 熊野の深みへ

blog blog twitter facebook instagam YouTube

小栗判官

熊野の聖性を人々に伝える死と再生の物語、小栗判官

 1 深泥ケ池の大蛇 2 照手姫 3 人喰い馬 4 小栗の最期
 5 水の女 6 餓鬼阿弥 7 小栗復活


 人の多く集まる社寺の前など街頭で、庶民相手に仏の教えを広めるために語られた物語、説経。

 そもそも説経とは読んで字のごとく経を説くこと。仏典を読み説くこと。
 仏の教えをいかに一般の人々に伝えるか。教養のない庶民にお経を読んで聞かせても、それほど面白いものではありません。そこで庶民に対しては仏の教えを物語に仮託して伝えるという方法を取りました。『今昔物語集』などに収められている説話のなかには、おそらく平安時代に僧侶が説経したものが多く含まれているものと思われます。

 室町時代に入ると、「小栗判官(おぐりはんがん)」「刈萱(かるかや)」「山椒太夫(さんしょうだゆう)」「しんとく丸」「愛護若(あたごわか)」のいわゆる五説経があらわれます。そのなかでも他を寄せつけないスケールの大きさを持つのが『小栗判官』です。

 説経『小栗判官』の成立には、物語上に藤沢の上人が登場することから時宗(時衆)の念仏聖の関与があることは確実と思われます。神奈川県藤沢市には時宗の総本山・清浄光寺(しょうじょうこうじ)があります。清浄光寺は別名 遊行寺(ゆぎょうじ)。

 鎌倉時代に興り、日本全土に熱狂の渦を巻き起こした浄土教系の新仏教「時衆(じしゅう。のちに時宗)」。その開祖・一遍上人(1239~89)は「わが法門は熊野権現夢想の口伝なり」と自ら述べています。
 南北朝から室町時代にかけて、時衆の念仏聖たちは、それまで皇族や貴族などの上流階級のものであった熊野信仰を庶民にまで広め、老若男女庶民による「蟻の熊野詣」状態を生み出しました。

 念仏聖たちは、『小栗判官』などの説経を通して、当時、前世の悪行の結果かかる病だとされていたらい病をも本復させる浄化力をもつ熊野の聖性を人々に伝えていったのでした。小栗判官の死と再生の物語は、中世の日本人の心に熊野の聖なるイメージを浸透させていきました。

 

 

折口信夫の小栗判官論
1.『餓鬼阿弥蘇生譚』
2.『餓鬼阿弥蘇生譚の二』
3.『小栗判官論の計画 餓鬼阿弥蘇生譚終篇』

(てつ)

2001.3.5 UP
2003.11.25 更新
2010.7.23 更新

参考文献