み熊野ねっと 熊野の深みへ

blog blog twitter facebook instagam YouTube

熊野謎解きめぐり 大地がつくりだした聖地
出版予定日は11月10日。amazonにて予約受付中!

『熊野年鑑』現代語訳 孝徳

孝徳天皇

現代語訳

大化4年 戊申(つちのえさる)

孝徳帝の時葬礼を新たにお定めになられた。日本書紀に見える。

5年 己酉(つちのととり)

去年、天王寺において霊鷲山(りょうじゅせん)の像を造った。法を求める僧を三韓に遣わした。これが遣唐使の始まりである。熊野山道和林作之(?)

※霊鷲山は古代インドのマガダ国の首都、王舎城の近くにあった山。釈迦が法華経や無量寿経などを説いた所。

白雉(はくち)元年 庚戌(かのえいぬ)

去年、熊野山に大猿が集まり渡ってきた。長州穴戸(?)白い箱を献上した。

4年 癸巳(みずのとみ)

吐火羅国と舎衛国の人が日向に来た。□ が日本に移った。

※誤訳等ありましたらご指摘ください。

原文

大化四年 戊申

孝徳帝ノ時葬礼ヲ新ニ定メ給玉フ日本紀ニ見エタリ

五 己酉

去年於天王寺造霊鷲山像遣求法僧三韓是唐使始熊野山道和林作之

白雉元年 庚戌

去年熊野山大猿集渡長州穴戸献白箱

四 癸巳

吐火羅国舎衛国ノ人日向ニ来□ 移日本

back next

(てつ)

2021.10.9 UP

参考文献