み熊野ねっと 熊野の深みへ

blog blog twitter facebook instagam YouTube

熊野謎解きめぐり 大地がつくりだした聖地
出版予定日は11月10日。amazonにて予約受付中!

『熊野年鑑』現代語訳 天智

天智天皇

現代語訳

癸亥(みずのとい)

3月に大雪、通路止。

5年 丙寅(ひのえとら)

熊野鎮護峰に火があった。暮れから暁まで京の鼠が江州(ごうしゅう:近江国、現在の滋賀県)に向かって移動した。

6年 丁卯(ひのとう)

10月に熊野観音那智山に行幸、熊野神宝に仏像法華経等を入れた。葛野が白い猿を献上した。

7年 戊辰(つちのえたつ)

常陸(現在の茨城県)より角のある馬を献上した。

10年 辛未(かのとひつじ)

熊野で飛鳥社に白い狐が出現した。
※誤訳等ありましたらご指摘ください。

原文

癸亥

三月大雪通路止

五 丙寅

熊野鎮護峰ニ火アリ自暮至暁京鼠向江州移

六  丁卯

十月行幸熊野観音那智山熊野神宝仏像法華経等入 葛野白猿献

七 戊辰

常陸ヨリ角アル馬ヲ献ス

十 辛未

熊野飛鳥社白狐出現

back next

(てつ)

2021.10.10 UP

参考文献