み熊野ねっと 熊野の深みへ

blog blog twitter facebook instagam YouTube

熊野謎解きめぐり 大地がつくりだした聖地
amazonにて販売中!

↑熊野の聖地や人々の暮らしを大地の成り立ちから解き明かす。オススメの熊野本です↑

熊野神社:山形県南陽市宮内3707-1

山濱さんからご投稿いただきました。ありがとうございます。

地元での呼称は「熊野大社」、日本三熊野のひとつとされる

熊野神社拝殿

(南陽市宮内字坂町3707-1)

御祭神

伊弉冉尊、伊弉諾尊、素戔嗚尊

創立

大同元(806)年再興

境内社

八幡神社、菅原神社、二宮神社、三宮神社、神明宮、和光神社、月山神社、
湯殿山神社、大社神社、古峰神社、幸神社、土社神社等多数

熊野神社鳥居

 赤湯駅から車で約10分の距離にあります。ここの神社はほんとに「熊野大社」の名前にふさわしいものばかりです。

 神社に到着すると大きな石鳥居が見えます。なんでも石造りの権現大鳥居では日本一とか。門前の参道は約330mの石畳です。

熊野神社石碑

 手水舎の前にある社号標は東郷平八郎揮毫です。社号標の反対には県指定文化財の大銀杏があります。

 さらに参道を進むと左に折れたところに石段がみえ、赤い二の鳥居が見えます。鳥居の右には境内社として、土社神社や大社神社、幸神社、月山神社、湯殿山神社が鎮座しております。

熊野神社梵鐘
梵鐘

 石段を登りきるとまず最初に目にするのが梵鐘で、「神社に鐘?」とびっくりしますが、これは神仏習合のなごりです。右手には拝殿と本殿が見えます。この重厚な茅葺き屋根の拝殿で、向拝の部分がおもしろい形をしております。この茅葺きは江戸時代の後期のものだそうです。

熊野神社神楽殿
神楽殿

 拝殿の正面には社務所と神楽殿がありますが、この神楽殿の形が本宮大社の証誠殿に似ていたりします。拝殿の左側には、順に、八幡神社、保呂羽神社、羽黒神社、菅原神社、稲荷神社と並び、本殿後ろは、三宮神社(熊野那智宮、事解之男命)、二宮神社、若王子社、神明宮、和光神社と、ホントにたくさんの神様はいらっしゃいます(境内案内にはこれらの境内社は仏様の名前で書かれておりました)。二宮神社、三宮神社をみていたら、本宮大社の拝殿前を思い出しました。

 由緒書きにもあるように、天台、真言、修験、神道により守護され、昔は熊野山證誠寺とも称し、ここの熊野神社は「日本三熊野」とよばれているそうです(日本三熊野とは、…@紀州の熊野本宮大社那智大社速玉大社、…A群馬県長野県境の熊野皇大神社、…Bそしてここ宮内熊野大社 の3つです)。ここでは伊勢神宮直伝の大々神楽を奉納されるそうです。菊祭りでしょうか参道には「あつもの」が並んでおりました。大銀杏の前には「証誠殿」という結婚式場(すばらしい!!!)がありました。

 ほんとうに村山~置賜地区の熊野信仰の奥深さを感じた参拝の旅でした。

 今回はまだ続きます。2ページ目へ。

(山濱さん)

No.105

2001.11.1 UP
2021.10.31 更新

参考文献



山形県南陽市宮内

読み方:やまがたけん なんようし みやうち

郵便番号:〒 992-0472

南陽市HP

南陽市 - Wikipedia
南陽市(なんようし)は、山形県の南東にある人口約3万1千人の市。北に丘陵、南に沃野が広がり、鶴の恩返しの民話が伝わる里として知られる。