み熊野ねっと 熊野の深みへ

熊野三所大神社(くまのさんしょおおみわやしろ)

 和歌山県東牟婁郡那智勝浦町浜ノ宮 浜ノ宮村:紀伊続風土記(現代語訳)

那智の浜近く、中辺路・大辺路・伊勢路の分岐点

熊野三所大神社

 那智の浜の近く、那智駅から徒歩5分ほどのところにある熊野三所大神社(くまのさんしょおおみわしゃ)。

 この神社は、熊野詣が盛んだったころには、浜の宮王子とも渚宮王子錦浦王子とも呼ばれ、熊野九十九王子のひとつで、中辺路大辺路伊勢路の分岐点となっていました。那智山参拝前にはこの王子で潮垢離を行って、身を清めたといわれています。

熊野三所大神社

 浜の宮王子前にあった森は「渚の森」と呼ばれ、和歌にも詠まれた名勝の森であったということです。現在はもう森はありませんが、大きく立派な数本の楠がかつてそこに森があったことを教えてくれます。

 むらしぐれ いくしほ染めて わたつみの 渚の森の 色にいずらむ

(『続古今和歌集』 衣笠内大臣)

熊野三所大神社

 平安時代末の貴族、藤原宗忠(むねただ)の日記『中右記(ちゅうゆうき)』には、天仁2年(1109)10月27日条に「浜宮王子に参る(ここは南に海があり、景色がきわめて素晴らしい)」というようなことが記されています。

 熊野三所大神社の隣には、浜の宮王子の守護寺であった補陀洛山寺があり、かつての熊野の神仏習合の名残を目にすることができます。

 次の王子は市野々王子

(てつ)

2008.11.24 UP
2020.9.10 更新

参考文献

浜の宮王子(現・熊野三所大神社)へ

アクセス:JR那智駅から徒歩3分
駐車場:無料駐車場あり

熊野古道レポート
那智勝浦町の観光スポット