み熊野ねっと 熊野の深みへ

blog blog twitter facebook instagam YouTube

熊野謎解きめぐり 大地がつくりだした聖地
amazonにて販売中!

↑熊野の聖地や人々の暮らしを大地の成り立ちから解き明かす。オススメの熊野本です↑

『熊野年鑑』現代語訳 仁明

仁明天皇

現代語訳

天長10年 癸丑(みずのとうし)

熊野の飛鳥社において犬を制した。熊野で10月に桃李の花が咲いた。

承和4年

熊野の北山で体長1丈の猿が見つかった。

6年 己未(つちのとひつじ)

6月に熊野の那智より火光が出て海の中に入った。その音は高かった。

8年 辛酉(かのととり)

新宮社壇の禰宜が霊夢を得た。

11年 甲子(きのえね)

新宮の河口が砂山となった。

13年 丙寅(ひのえとら)

新宮の河口に大鮫が入り、川の主となった。

嘉祥元年 戊辰(つちのえたつ)

熊野別当2代目に慶雲がなった。

※「熊野別当代々次第」によると慶覚

原文

十 癸丑

熊野飛鳥社ニ於テ犬ヲ制ス熊野十月桃李花

承和四

熊野北山有猿長一丈

六 己未

六月熊野那智ヨリ火光出入海中其音高シ

八 辛酉

新宮社壇ノ禰宜得霊夢

十一 甲子

新宮川口砂山ト成

十三 丙寅

新宮川口大鮫入為川主

嘉祥 戊辰

熊野別当二代目慶雲

back next

(てつ)

2021.11.5 UP

参考文献