み熊野ねっと 熊野の深みへ

blog blog twitter facebook instagam YouTube

熊野謎解きめぐり 大地がつくりだした聖地
amazonにて販売中!

↑熊野の聖地や人々の暮らしを大地の成り立ちから解き明かす。オススメの熊野本です↑

『熊野年鑑』現代語訳 文徳

文徳天皇

現代語訳

嘉祥2年 己巳(つちのとみ)

新宮で遷宮。不交他座一殿。宗重が神秘をなした。

仁寿 壬申(みずのえさる)

諸国で甘露の雨が降った。

3年 癸酉(みずのととり)

熊野の大島に民家を起こした。同国の竹がことごとく枯れた。

斉衡 乙亥(きのとい)

5月に熊野浦に大浪が入った。4日を径之月諸国で大地震があった。

丙寅(ひのえとら)

去年、東に彗星があった。5月5日に大仏の頭が理由もなく地に落ちた。8月に武器庫の中で鼓が自ら鳴った。

原文

二 己巳

新宮迁宮不交他座一殿宗重為神秘

仁寿 壬申(みずのえさる)

諸国甘露雨

三 癸酉

熊野大島ニ民家ヲ起ス同国ノ竹悉枯

斉衡 乙亥

五月熊野浦ニ大浪入ル四日ヲ径之月諸国大地震

丙寅(ひのえとら)

去年東有長星五月五日大仏額無謂ニ地ニ落八月兵庫中鼓自鳴

back next

(てつ)

2021.11.8 UP

参考文献