み熊野ねっと 熊野の深みへ

blog blog twitter facebook instagam YouTube

熊野謎解きめぐり 大地がつくりだした聖地
amazonにて販売中!

↑熊野の聖地や人々の暮らしを大地の成り立ちから解き明かす。オススメの熊野本です↑

『熊野年鑑』現代語訳 清和

清和天皇

現代語訳

貞観元年 己卯(つちのとう)

正月に本宮が従五位下の神階を授かった。

5年 癸未(みずのとひつじ)

3月に本宮と新宮が正二位を授かった。勅使は大納言広房。

9年 丁亥(ひのとい)

那智山十報入浄土

10年 戊子(つちのえね)

浜の宮で慶龍上人が渡海した。これが補陀落渡海の始まりである。

15年 癸巳(みずのとみ)

本宮の箱棟に白い雀が巣を作った。

18年 丙申(ひのえさる)

7月に熊野に行幸、6人の僧がお供に加わった。

原文

貞観 己卯

令備正月本宮神宮従五位下

五 癸未

三月本宮新宮備正二位勅使大納言広房

九 丁亥

那智山十報入浄土

十 戊子(つちのえね)

浜宮慶龍上人渡海是始也

十五 癸巳

本宮箱棟白雀巣ヲ作

18年 丙申(ひのえさる)

七日行幸熊野六口ノ僧供奉

back next

(てつ)

2021.11.9 UP

参考文献