み熊野ねっと 熊野の深みへ

blog blog twitter facebook instagam YouTube

熊野神社:東京都西多摩郡奥多摩町大丹波字八桑

TATSUさんからご投稿いただきました。ありがとうございます。

明治初めに合祀されるもそのまま存続

熊野神社

場所

JR川井駅より徒歩で山道を進むこと約30分。
西東京バスの北川橋を渡りその先のY字路を右に入り、少し先の民家の間の細い道を進んだ所に鎮座。
周りは畑である。社殿の側には、奥多摩町の名木に選ばれているビャクシンがある。

熊野神社遠景

熊野神社ビャクシン

この神社は、同じ大丹波の青木神社に他の五社と共に明治五年に合祀された。
しかし実際は、社殿はそのまま存続し村民の崇敬を受けてきた。
また、大丹波には、ここ以外に熊野神社はもう一社存在したようだ。(入屋ヶ谷の熊野社

御祭神

不詳

熊野神社本殿

熊野神社本殿

由緒

不詳

新編武蔵風土記稿」には

熊野社 年貢地十二坪、村の中程にあり、小祠なり

と記述されている。

なお、この熊野神社の所在地確定には、「日原森林館」の高橋様のご協力を得ました。ありがとうございました。

(TATSUさん)

No.1211

2010.2.21 UP
2020.8.30 更新

参考文献



東京都西多摩郡奥多摩町大丹波

読み方:とうきょうと にしたまぐん おくたままち おおたば

郵便番号:〒198-0101

奥多摩町HP

奥多摩町 - Wikipedia
奥多摩町(おくたままち)は東京都における最西端・最北端の町であり、その面積は東京都の自治体中最大である。西多摩郡に属する。