み熊野ねっと 熊野の深みへ

blog blog twitter facebook instagam YouTube

熊野謎解きめぐり 大地がつくりだした聖地
amazonにて販売中!

↑熊野の聖地や人々の暮らしを大地の成り立ちから解き明かす。オススメの熊野本です↑

『熊野年鑑』現代語訳 村上

村上天皇

現代語訳

天暦

7月7日に那智の滝が光明を放った。

7年 癸丑(みずのとうし)

4月に本宮で御戸開が始まった。熊野山で大雪。

※御戸開社は本宮摂社。『紀伊続風土記』には「御戸開社 祀神 素盞嗚尊」とあります。(本宮:紀伊続風土記 現代語訳

8年 甲寅(きのえとら)

熊野三山の修営が3月に始まった。

10年 丙辰(ひのえたつ)

11月に本宮が遷宮した。

天徳元年 丁巳(ひのとみ)

7月に上熊野地の空中で女の声がした。8月に新宮が遷宮した。11月に那智山に遷宮の詔、毎日の文が神祇伯より来た。乾元大宝の銭を鋳造した。

4年 庚申(かのえさる)

9月24日に内裏が焼けた。遷都以来初めて炎上した。

原文

天暦

七月七日那智ノ滝光明ヲ放

七 癸巳

四月本宮御戸開始熊野山大雪

八 甲庚

熊野三山修営三月始

十 丙辰

十一月本宮迂宮

十 天徳

十一月本宮迂宮

天徳 丁巳

七月上熊野地空中有女声八月新宮迂宮 十一月那智山詔迂宮日次ノ文神祇伯ヨリ来乾元大宝ノ銭ヲ鋳

四 庚申

九月二十四日内裡焼遷都以来始炎上

back next

(てつ)

2021.11.20 UP

参考文献