み熊野ねっと 熊野の深みへ

blog blog twitter facebook instagam YouTube

剣巻(つるぎのまき)現代語訳7 天叢雲剣

剣巻 現代語訳7

 1 源満仲 2 源頼光 3 源頼基、頼義、義家 4 源為義 5 源義朝、頼朝 6 源義経1

 源氏重代の名剣をめぐる中世の物語『剣巻』を現代語訳。

天叢雲剣 神代

そもそも帝王の御宝に神璽・宝剣・内侍所という三つがある。およそ神璽と申すのは、神代より伝わって代々の御帝の御守で、験の箱に納めていた。この箱を開けることはなく、見る人もない。これによって後冷泉院の御時、どう思ったのだろうか、この箱を開けようとして蓋をお取りなられたところ、たちまちに箱から白雲が立ち登りになった。良ありて雲は元のごとく返り入らせ給ひぬ。紀伊内侍蓋覆うてからげ納め奉る。「日本は小国なりといへども、大国にまさる事はこれなり」とぞ申しける。一天の君万乗の主だにも御心に任せずして御覧ぜられぬ物なれば、まして凡人いふべきに非ず。況や凡下に於てをや。神璽とは神の印(おして)といふ文字なり。神の印(おして)といふは、如何なる子細にて帝王の御宝とはなるやらん、覚束なし。委しくこれを尋ぬれば、我が朝の起りより出でたり。天神七代の初め、国常立尊「この下に国無からんや」とて、天〓矛(あめのぬぼこ)を降して大海の底を捜り給ふに、国なければ矛を引き上げ給ひけるに、矛の滴落ち留まり、凝りかたまり、島となりにけり。吾が朝の出で来るべき前表にて、大海の浪の上に「大日」といふ文字浮べり。文字の上に矛の〓留(したた)りて島となるが故に、大日本国と名付けたり。淡路国はこれ日本の始めなり。国常立尊より三代は、男の姿のみ顕れて女の姿はなし。第四代の泥土〓尊より第六代の面足尊まで三代は、男女の姿これなりといへども、夫婦婚合の義は無かりけり。第七の伊〓諾・伊〓冊尊、淡路国に下りて男女婚合あらはれり。山石草木をうゑ給へり。大八島の国を造り、次に国の数を造り、又、世の主無からんやとて、一女三男を生み給ふ。所謂、日神・月神・蛭子・素盞鳴尊なり。日神と申すは、伊勢大神宮、天照大神これなり。月神と申すは、月読尊、高野丹生大明神と号す。蛭子は三年まで足立たぬ尊にておはしければ、天石〓樟船に乗せ奉り、大海が原に押し出だして流され給ひしが、摂津国に流れ寄りて海を領ずる神となりて、夷三郎殿と顕れ給ひて、西宮におはします。素盞鳴尊は、御意荒しとて出雲国に流され、後には大社となり給へり。さて、伊〓詰・伊〓冊尊は、国をば天照大神に譲り、山をば月読命に奉り、海をば蛭子領じ給へり。素盞鳴尊は、「分領なし」とて、御兄達と度々合戦に及ぶ。これに依て不孝せられて雲州へぞ流されける。さて、天照大神は日本を譲り得給ひながら、心の任(まま)にも進退せず。第六天の魔王と申すは、他化自在天に住して、欲界の六天を我が儘に領ぜり。然も今の日本国は六天の下なり。「我が領内なれば、我こそ進退すべき処に、この国は大日といふ文字の上に出で来る島なれば、仏法繁昌の地なるべし。これよりして人皆生死を離るべしと見えたり。されば此には人をも住ませず、仏法をも弘めずして、偏に我が私領とせん」とて免さずありければ、天照大神、力及ばせ給はで、三十一万五千載をぞ経給ひける。譲りをば請けながら星霜積りければ、大神、魔王に逢ひ給ひて曰く、「然るべくは、日本国を譲りの任(まま)に免し給はば、仏法をも弘めず僧・法をも近付けじ」とありければ、魔王心解けて、「左様に仏法僧を近付けじと仰せらる。とくとく奉る」とて、日本を始めて赦し与へし時、「手験に」とて印を奉りけり。今の神璽とはこれなり。次に宝剣と申すは、神代より伝はれる霊剣二つありと見えたり、天叢雲剣・天のはば切の剣なり。天の叢雲剣は、代々帝の御守即ち宝剣これなり。天武天皇の御宇朱鳥元年六月に尾張国熱田の社に籠められたり。また天のはば切の剣は本は十柄の剣と申ししが、大蛇を斬りて後は、天のはば切の剣と号す。大蛇の尾の名をはばといふ故なり。をろちとも名づく。彼の剣、後には大和国石上布留の社に納まれり。昔、素盞鳴尊は、出雲国におはしける時、彼の国の簸の川上の山に大蛇あり。尾・首共に八つあり。八つの尾八つの谷に蔓れり。眼は日月の如し。背には苔むして諸の木草生ひたり。年々人を呑む。親を呑まれては子悲しみ、子を呑まれては親悲しむ。村南村北に哭する声絶えず。国中の人種皆取り失はれて、今は山神の夫婦手摩乳・脚摩乳ばかり残れり。一人の娘あり。稲田姫と名付けて生年八歳なり。これを中に置きつつ、泣き悲しむ事限りなし。尊燐み給ひて、由を如何にと問ひ給ふ。手摩乳答へて曰く、「我に最愛の娘あり。稲田姫と申すを、今夜八岐の大蛇の為に呑まれん事を悲しむなり」と申しければ、尊、不便に思し召し、「娘を我に得させば、大蛇を討ちてとらせん事は如何に」と宣へば、手摩乳・脚摩乳大いに悦ぶ色見えて、「大蛇をだにも討ち給はば、娘を進らせ候ふべし」と申しければ、尊、大蛇を討ち給ふべき謀をぞ為し給ひける。床を高く掻き、稲田姫を厳しげに装束させて、〓(かづら)に湯津爪櫛を差して立てられたり。四方には火を焼き廻らして、火より外に甕に酒を入れて八方に置く。夜半に及びて八岐大蛇来りつつ、稲田姫を呑まんとするに、床の上にありと見れども四方に火を焼き廻らしたれば、寄るべき様なかりけり。時移るまで能く見れば、稲田姫の影甕の酒に映り見えたりけり。大蛇これをよろこび、八つの甕に八つの頭を打ち漬して、飽くまで酒を飲みてけり。余りに飲み酔ひて、前後も知らず臥したりける。尊、剣を抜き持ちて大蛇を寸々に切り給ふ。その八つの尾に至りて剣のかかはる処あり。怪しみてこれを見給へば、剣の刃白みたり。尾を裂きのけてこれを見るに、〔中に〕一つの剣あり。「これ最上の剣なり」とて、天照大神に奉る。天叢雲剣と名づく。この剣、大蛇の尾にありし時、黒雲常に覆ふ。故に天叢雲剣と名付けたり。この大蛇は尾より風を出だし、頭より雨を降らす。風水龍王の天降りけるなり。手摩乳は姫の助かりたる事を喜び、尊を婿に取り奉る時、円さ三尺六寸の鏡を引出物に奉る。稲田姫、尊に参りし時、〓(かづら)に差しし湯津爪櫛を後様に投げて、始めて尊に参り給ふ。別れの櫛とはこれなり。尊は出雲国に宮作りして稲田姫を妻室とし婚合し給へり。兄達と不和の事悪しくや思し召されけん、蛇の尾より取り出でkakkokirime0たる天叢雲剣、並びに天のはば切の剣、手摩乳が婿〔の〕引出物の鏡、以上三種を天照大神に奉りて、不孝は赦され給へり。彼の婿〔の〕引出物の鏡は、今の内侍所これなり。

 

 

(てつ)

2019.12.11 UP

参考文献